おぎやはぎ小木、小林賢太郎がパフォーマー引退宣言を行ったのは「目立ちたいから」と発言「大仁田商法」

2020年12月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、おぎやはぎの小木博明が、小林賢太郎がパフォーマー引退宣言を行ったのは「目立ちたいから」と発言していた。

矢作兼:目立ちたがり屋だから、引退って言ったってね、演出家として出てきますよ。

小木博明:これからどんどん名前を聞くようになると思うなぁ。

矢作兼:うん。

小木博明:どんどん、自己PRじゃないけど、色々してくるんじゃないの?

矢作兼:うん。

小木博明:なんか、色んな。

矢作兼:「引退」ってなった時、「どうした?どうした?」って思ったけど、これは引退って言ってもね、今までどおりだよ。

小木博明:多分、「引退」って言ったのも、目立ちたいからだからね。

矢作兼:ふふ(笑)

小木博明:言ったら。別に言わなくても良いやつだから。

矢作兼:大仁田商法?

小木博明:大仁田商法、そう。

矢作兼:大仁田商法か。

小木博明:だから、別にいいのよ、これは。

矢作兼:最初、ドキッとしたけど、演出やるんだったら、まぁまぁ今までと変わらないよ。

小木博明:ずっとこの世界にいるわけだから。



おぎやはぎのメガネびいき

本日の人気記事