千鳥ノブ、M-1で大スベリした「下ネタ」漫才を振り返ってみると「どうかしてたんやろうな、あの頃は(笑)」

2020年10月11日配信開始となったYouTube上の「カジサック KAJISAC」チャンネルにて、お笑いコンビ・千鳥のノブが、M-1グランプリで大スベリした「下ネタ」漫才を振り返ってみて、「どうかしてたんやろうな、あの頃は(笑)」などと語っていた。

カジサック:千鳥さんが、第2回目で(実際は初の決勝進出は第3回)M-1に出られた時に、下ネタされたじゃないですか。

ノブ:ああ、そう、そう(笑)

カジサック:そもそも、なんであんなネタやったんですか?

ノブ:はっはっはっ(笑)俺も大悟もマジで、何の下ネタの感覚もないね。ただの青春の甘酸っぱい、恋物語みたいな(笑)

カジサック:下ネタじゃないですか(笑)

ノブ:全然、全然。俺の中ではジブリみたいな(笑)

カジサック:はっはっはっ(笑)

ノブ:本当に(笑)

カジサック:さっちゃんのオッパイ触ってましたやん(笑)

ノブ:そういうボインとかのオッパイじゃないやん(笑)

カジサック:はっはっはっ(笑)

ノブ:人間としての柔らかみ(笑)

カジサック:何言ってんですか(笑)

ノブ:だからあれは、下ネタの範疇に俺はなかって、それを数年後に見返してみたら、気持ち悪ぃ(笑)

カジサック:はっはっはっ(笑)

ノブ:どうかしてたんやろうな、あの頃は(笑)

カジサック:面白いんですよ。めちゃくちゃ面白いんですけど、やっぱり現場もビックリしたんですよ。

ノブ:そう、そう。

カジサック:「こんなネタ、ぶちこんでくんねや」って。審査員の方もたしか言ってましたよね。

ノブ:うん。



カジサック

本日の人気記事