千鳥ノブ、NON STYLEのことを劇場時代は「煙たがってた」と告白「舞台で一緒にオーディションやったりして…」

2020年10月11日配信開始となったYouTube上の「カジサック KAJISAC」チャンネルにて、お笑いコンビ・千鳥のノブが、NON STYLEのことを劇場時代は「煙たがってた」と告白していた。

カジサック:キングコングのこと、煙たがってたでしょ?正直。

ノブ:いやいや。

カジサック:いやいや、これはホンマに。

ノブ:梶原、煙たがってるじゃなくて。俺らは、NON STYLEは煙たがってた。

カジサック:はっはっはっ(笑)

ノブ:だって、それは一緒にやってたから。

カジサック:ああ、舞台で?

ノブ:舞台で一緒にオーディションやったりして。で、千鳥、笑い飯、麒麟ってやっていこうとしたら、NON STYLEのファンばっかり劇場にいたから、ウケへんとかがあったから。

カジサック:はい。

ノブ:「クソ…」とかは思ったよ。

カジサック:ああ、なるほど。

ノブ:ノンスタから逆もあったやろうから。芸的にファンの毛色が違うから。

カジサック:はい、はい。

ノブ:M-1って、ちょっと男臭い芸人がとっていく方やんか。

カジサック:そうですね。

ノブ:だから、そこは千鳥とかの方が有利だって思ったら、NON STYLEがとった。

カジサック:とりましたね、僕らが負けた時で。

ノブ:「クソ…」という意味で、NON STYLEを煙たがってたというか、ライバルというか。



カジサック

本日の人気記事