『アメトーーク』加地倫三P、ナイナイ矢部にAD時代「学生ノリでグイグイ話しかけて」いたところ「自分、なんでそんな話しかけるん?」と拒絶されたと明かす

2020年8月23日配信開始となったYouTube上の「カジサック KAJISAC」チャンネルにて、『アメトーーク』『ロンドンハーツ』の加地倫三エグゼクティブ・プロデューサーが出演し、ナインティナイン・矢部浩之にAD時代、「学生ノリでグイグイ話しかけて」いたところ「自分、なんでそんな話しかけるん?」と拒絶されたと明かしていた。

加地倫三:若い頃ってイケイケでしょ?

カジサック:イケイケでした。本当にイケイケで嫌われていました。

加地倫三:そうでしょ。

カジサック:そうでしょってなんですか(笑)

加地倫三:俺もそうだったの(笑)根拠のない自信があるんだよね。しかもテレ朝、第4希望だから。テレ朝の上、舐めてたの。

カジサック:はっはっはっ(笑)

加地倫三:だから、会社に師匠もいないし。俺が変えてやる、ぐらいの感じで。

カジサック:ああ、それぐらいの気持ちはあったわけですよね。でも、どうでした?最初にADやった時に、思ってたのと違ったのか。

加地倫三:スポーツの時は、結構学生ノリで意外とできたんだよね。

カジサック:はい。

加地倫三:バラエティの現場って、言ったら笑いのプロの人たちがいるから。

カジサック:はい。

加地倫三:笑いに対して厳しいでしょ。

カジサック:ああ、まぁそうですね。

加地倫三:しょうもないこと言っても笑わないじゃん。

カジサック:笑わないですね。ベテランのカメラマンさんもそうですね。

加地倫三:だから、今までの感じでいくと、通用しないんだって思って。

カジサック:一瞬で察知したんですか?

加地倫三:バラエティ、最初はナインティナインだったんだけど、スポーツ選手はグイグイ話しかけたりして距離を詰めるんだけど。

カジサック:はい。

加地倫三:それ、芸人さんにやると嫌われるでしょ?

カジサック:ああ、たしかに。分かりますわ。

加地倫三:ましてやADでさ、信頼関係もないのに、めちゃくちゃ話しかけたの、俺。

カジサック:ふふ(笑)

加地倫三:矢部さんに。そしたら、「自分、なんでそんな話しかけるん?」って言われたの。

カジサック:あ、そこで言われたんですか。そこでビックリしたんですか?

加地倫三:そう。「あっ…」と思って。あ、いけないんだって思って。そこから話しかけるのやめたの。

カジサック:はっはっはっ(笑)加地さん的には、矢部さんに喋りかけるのもよかれと思ってというか。

加地倫三:仲良くなりたいじゃん。

カジサック:はい、はい。スポーツの時にやってたことだし。

加地倫三:そう、そう。グイグイ行って仲良くなって、距離を詰めて信頼関係を作って…と思ったらそれがパーンと弾かれたから、もう黙々と仕事をするって変えたの。

カジサック:ビックリしたんじゃないですか?

加地倫三:ビックリした。

カジサック:「なんで?」って。「スポーツとちゃう、この感じ」っていう。

加地倫三:そう。岡村さんは元々、人見知りって聞いてたし。

カジサック:はい。

加地倫三:話しかけんなオーラが凄かったから、最初から話しかけなかった。

カジサック:はい。

加地倫三:でも、矢部さんってめちゃくちゃ他のディレクターとかと社交的なのに、俺が話しかけに行ったら、スパーンってやられたから。

カジサック:それはでもよかったんですかね、そこで知れたっていう。

加地倫三:気づいたからね。

カジサック:そうですよね。そこでスパーンっていかれてなかったら、延々と加地さんは距離感を縮める人だったかもしれないですもんね。



カジサック

本日の人気記事