千原ジュニア、フジモンらとは同期ながら年下であるためMCとして舞台に立つことで「なんであんな一番若い奴が…」という視線を若手時代は感じていたと告白

2020年6月30日配信開始となったYouTube上の「カジサック」チャンネル動画の芸人トーク企画で、お笑い芸人・千原ジュニアが出演し、フジモンらとは同期ながら年下であるためMCとして舞台に立つことで「なんであんな一番若い奴が…」という視線を若手時代は感じていたと告白していた。

カジサック:で、ベイブルースさんも惜しくもお亡くなりになられて。

千原ジュニア:はい、はい。

カジサック:高山さん一人になったりしましたけども。

千原ジュニア:うん。

カジサック:バトンが渡って、千原兄弟さんがトップになったじゃないですか。

千原ジュニア:うん、うん。

カジサック:やっぱりその教えがあったから、そのまま?

千原ジュニア:いや、教えじゃないけど、みんな若いし。だって、「さぁ始まりました~」って言うてる俺、19とかやからな。

カジサック:そうなんですよ。

千原ジュニア:みんな若いから、それはもうバッシバシじゃない。

カジサック:へぇ。それは感じてたんですか?ジュニアさん的にも。えらいピリついとんなぁって。

千原ジュニア:俺自身もそうやったし、みんなそうやし。それでもっと言うたら、「なんであんな一番若い奴がMCで先頭立ってんねん」って思いもあったやろうし。

カジサック:なるほど。

千原ジュニア:うん、今となったらフジモンも40も50も同い年やけど。

カジサック:はい。

千原ジュニア:19と23って…とか。

カジサック:全然違いますね。

千原ジュニア:それは色々思いあったんちゃう?

カジサック:なるほどね。



カジサック

本日の人気記事