アインシュタイン河井、フジモンが木下優樹菜との離婚直後の『爆笑ヒットパレード』で「取り憑かれたようにボケていた」と明かす

2020年1月11日放送のFM OSAKAの番組『TENGA presents Midnight World Cafe~TENGA 茶屋~』(毎週土 25:30 – 26:30)にて、お笑いコンビ・アインシュタインの河井ゆずるが、フジモンがユッキーナとの離婚直後の『爆笑ヒットパレード』で「取り憑かれたようにボケていた」と明かしていた。

稲田直樹:(結婚報道の)確認はとられないもんなんですね。

ケンドーコバヤシ:まぁ、正月はね、毎年そういうの載るらしいよ。

稲田直樹:なるほどね。

ケンドーコバヤシ:まぁ、俺も去年と今年載ったしね。

河井ゆずる:うん。まぁ、プラスのニュースやからいいという反面、そういうね、こっちの状況にもよりますよね。

ケンドーコバヤシ:だからややこしいやん。大晦日か30日ぐらいに、フジモンとユッキーナ離婚、みたいな。

河井ゆずる:はい。

ケンドーコバヤシ:「これも、時期が時期やからフェイクニュースやろ」って思ってたら、ホンマやったからね。

河井ゆずる:はっはっはっ(笑)そうですね。

ケンドーコバヤシ:ややこしいねん、これだから。

稲田直樹:ふふ(笑)

ケンドーコバヤシ:虚実入り混ぜるな、と。

稲田直樹:そうですね。コバさんのだけ虚ですね(笑)

ケンドーコバヤシ:俺だけ虚なのよ(笑)

河井ゆずる:お正月ね、藤本さんと一度、ご一緒させていただく機会があったんですけど。

ケンドーコバヤシ:ああ、朝ね。

河井ゆずる:取り憑かれたようにボケてましたね(笑)

ケンドーコバヤシ:取り憑かれたかのようにお前ら、右上の方でじっとしてたな。

河井ゆずる:はっはっはっ(笑)

稲田直樹:ひな壇ではなくて、階段に座らされてましたね(笑)



ケンドーコバヤシTENGA茶屋

本日の人気記事