カンニング竹山、スリムクラブとカラテカ入江・宮迫博之らの闇営業問題は「分けて考えた方がいいと思う」と指摘「一旦、精査し直しても…」

2019年7月1日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、スリムクラブとカラテカ入江・宮迫博之らの闇営業問題は「分けて考えた方がいいと思う」と指摘していた。

カンニング竹山:最初の詐欺集団の話と、スリムクラブが行った営業の話、これは分けて考えた方がいいと思うのよ。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:ちょっとこれ、種類が違うっていうのがありますから。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:で、あと世の中の流れがそういうふうになっちゃったから、ちょっと慌てちゃったのかなっていうのもあったりするのね。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:で、真栄田とも話したんだけど、全く知らずに頼まれて行って、行っても一個も気づかなかった、と。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:「お前、でもモンモン入ってる人いただろ?」とか、「アニキって呼んでる人いただろ」とかって言っても、そんなの全くなかった、と。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:ネタやって、ちょっと座って盛り上げて、座った時に千円の首飾りやってるんだけど、盛り上げて帰ってるわけよ。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:仕事が終わったから。

赤江珠緒:そう。

カンニング竹山:でも、写真の強さとかがあるから。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:だから、そういうふうに言われてんだけど。

赤江珠緒:言われてるけど。それは同じように小売店で、暴力団の人たちが「洋服売ってください、」「お団子売ってください」って色々来たときに、「いや、あなたたちには売れません、関係もてない、金銭のやりとりできませんから」みたいなことは暴対法で禁止されてないってことでしょ?

カンニング竹山:禁止されてないけど、殊、芸能界になると、暴力団と付き合うのはダメですよってなってるから、その延長線上でも、今回のはあるよね。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:ただ、これは僕の個人的な見解だけども、「スリムクラブのあの話の場合は、一旦、精査し直しても、よろしいんじゃありませんか?」って気持ちはある。

赤江珠緒:ねぇ。

カンニング竹山:でも、それは僕ら強く言えないのは、サンミュージックだったら、俺、事務所の社長にかけあってもっと強く言うよ。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:でも、よその事務所のことで、ルールが事務所ごとに違うのよ。学校が違うと思って。

赤江珠緒:ああ、校則みたいなのね。

カンニング竹山:そう。サンミュージック高校があって、吉本高校があって、吉本高校の校則だから。

赤江珠緒:たしかに、他の事務所のことに、言いづらいっていう。

カンニング竹山:おかしいじゃない。っていうような感じがあります。皆さん、いかがお考えでしょうか。

赤江珠緒:そうなんですよね。



たまむすび

本日の人気記事

本日の人気記事