カンニング竹山、ニュース番組でコロナ禍の取材の映像に家族連れのインタビューが使用されることに「そこはもう映さないであげて」

2020年8月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、ニュース番組でコロナ禍の取材の映像に家族連れのインタビューが使用されることに「そこはもう映さないであげて」などと語っていた。

赤江珠緒:家の中にずっといてもクーラーだし、外に出ても暑すぎるし。

カンニング竹山:うん。

赤江珠緒:子供いる人とか、なんせ水につけないと。

カンニング竹山:うん。

赤江珠緒:子供なんか地べたはもっと暑い感じがするんで、公園もいけない、と。海やら川やらね、そういうところに行くしかない感じもしますもんね。

カンニング竹山:それでかちょっとゆるめに見て欲しいよね、子供いる人はね。

赤江珠緒:なんかね。屋外では、クラスターって今のところ出てないですからね。

カンニング竹山:そうなのよ。海の取材とかに行っててさ。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:海やら湖やら取材行ってて、「人が出てますね」ってインタビューするとさ、お父さんとかお母さんが「この子たちも行くところないし、可哀想だから」って。

赤江珠緒:で、もう今の人、みんな道中も気をつけてなるべくね。

カンニング竹山:そう。

赤江珠緒:触れないようにして行ってるでしょ。

カンニング竹山:そうなんですよ。だから、そこはもう、映さないであげて欲しいっていうか、もうそこはダンマリでいいじゃない。

赤江珠緒:そうですね。そうしないとね。

カンニング竹山:子供が遊んでんだから。

赤江珠緒:出しづらいですもんね。

カンニング竹山:そうなのよ。

赤江珠緒:うん。



たまむすび

本日の人気記事