伊集院光、デビュー当時は松村邦洋の代わりとしてリアクション芸を求められて悩んでいたと告白「最初の頃、松村君の断った仕事しかこない」

2019年11月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、デビュー当時は松村邦洋の代わりとしてリアクション芸を求められて悩んでいたと告白していた。

岩崎う大:お笑い、僕、好きで。やっぱ元々はテレビ見て好きだったんですよ。

伊集院光:うん。

岩崎う大:でも、自分でやってる内に、自分はネタっぽいものとか、作ってくものが好きだなぁって思って。

伊集院光:はい。

岩崎う大:そうした時に、お笑いのど真ん中がバラエティ番組だとしたら、でもお笑いは映画やドラマとかにも、漫画にもお笑いっていうものがあるんで。

伊集院光:うん。

岩崎う大:そっちの方に、笑いを伝導する、伝道師となっていこうっていうことが、僕の今のスタイルです。

伊集院光:でも、それが凄い分かるのがね、お笑いやってると、面白いものを作って、面白いもので笑われて、テレビにもいっぱい出て、モテてみたいなやつが全部手に入るって思ったら、そういうこととは、ちょと違うセパレートのされ方もあるじゃない。

岩崎う大:はい。

伊集院光:ある意味、どっちか選ばなきゃいけない時が来るタイプっているでしょ。

岩崎う大:はい。

伊集院光:自分が得してたのは、デブだったからだと思う。見かけが面白いから。

岩崎う大:ああ。

伊集院光:考えてて、黙ってる時間も「アイツ、今、ハンバーグのこと考えてんだろうな」ってみんな思ってくれてる感じが得だと思ってるんだけど。

岩崎う大:ふふ(笑)

槙尾ユウスケ:いや、伊集院さんのトーク力はだって、もう…

伊集院光:違うんだよ。当時、最初の頃なんか、松村君の断った仕事しか来ねぇんだから。

槙尾ユウスケ:え?!

伊集院光:そういう時、リアクションなんかこっちできないんだから。

槙尾ユウスケ:え?

伊集院光:それで本当に悩むのよ。俺は、「熱い、熱い」もできないし、「痛い、痛い」もできなくて、「どうなってくんだろう…」みたいなのがあったから。

岩崎う大:はい。

伊集院光:そこは凄い分かんだよね。

伊集院光、松村邦洋がスポンサーの悪口を言って「5秒でレギュラー番組を降板」させられた過去を明かす

ダンカン、ビートたけしが松村邦洋に「ダンカン、バカ野郎」の言い方を伝授してもらっていたと明かす「この2人はバカだなぁ」

伊集院光、「我が永遠のライバル」松村邦洋がRIZAP(ライザップ)で30kg減量に成功したことを賞賛「俺は無理だわ」



伊集院光とらじおと

本日の人気記事