伊集院光、ラジオ番組でのフリートークのコツは「思ったことを全部言う」ことだと若手芸人にアドバイスしていると明かす

2020年2月18日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、ラジオ番組でのフリートークのコツは「思ったことを全部言う」ことだと若手芸人にアドバイスしていると明かしていた。

伊集院光:もう、最近は思っていることを、全部言った方がいいんじゃないかって。

竹内香苗:うん。

伊集院光:それは、若手に「ラジオとかでのフリートークのコツってなんですか?」って訊かれたときに、「ラジオは思ったことを全部言う、だ」って。

竹内香苗:うん。

伊集院光:だから、(リスナーの「ママ友ができない」という悩み相談について)「私はママ友作りたいのに、作り方が分からないんですよ」っていう。

竹内香苗:なるほど。

伊集院光:で、「本当はママ友ランチとか凄い憧れてるのに、まだ恥ずかしいことに、ゼロなんです」っていうのを、言うっていうことなんだと思うんだけど。

竹内香苗:たしかに、そうかも。結構、ママ同士って、相手の素性が分かるような、分からないような。

伊集院光:うん。

竹内香苗:だから、気をつかって「あの人、忙しいかもしれないな」とか、「本当はこういう会に来たくないかもしれない」って可能性もありますもんね。

伊集院光:うん。だから、言うっていうのは一つあるのかなって。

竹内香苗:うん。

伊集院光:向こうは向こうで、「ハラスメントにならないかな?無理やり誘うのは」っていうのがあるだろうから。

竹内香苗:うん。



伊集院光とらじおと

本日の人気記事