山里亮太、『ワンピース』尾田栄一郎の前で泥酔してモデルに悪態をついてドン引きされた過去「狂気だった」

2019年11月13日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、『ワンピース』の作者で知られる尾田栄一郎の前で泥酔してモデルに悪態をついてドン引きされた過去について語っていた。

山里亮太:その会(アーティストの誕生会イベント)のことで、他にも覚えてること、何かあるかなって思って確認したら、その尾田さんに俺が夢を語って。

山里亮太、『ワンピース』尾田栄一郎が山里と蒼井優のイラストを描いたのは「10年前の約束」を果たしてくれたからだと明かす

「結婚したら絵を描いて欲しい」って言って、「いいよ」って言ったら、凄い嬉しそうにその場から立ち上がって、別の部屋にフラフラフラと行って、大きな声で山ちゃんが言ってた、と。

「なんですか?」「そこら辺にいる、モデルさんたちを指差して、『テメェらみてぇなガワだけの人間より、俺の方が幸せになってやるからな!』って言ってたよ」って(笑)

「どう思いました?」って言ったら、「狂気だった」って(笑)

山里亮太、『ワンピース』尾田栄一郎と中野のキャバクラに行った過去を明かす「スリラーバーク、そこで思いついたんじゃないかな(笑)」

オードリー若林、山里亮太は「芸人として売れても、蒼井優を妻にしても満たされることはない」と断言「何をしても満たされない地獄にいる」

オードリー若林、山里亮太のどこまでも「自分にたりないところを探す」才能に驚く「あんだけ恵まれた状況になっても…」



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事