蛍原徹、宮迫博之のことがNSCで気になる存在だったのは衝撃的な「ファッション」が理由だったと告白「面白いな、この人」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2023年12月2日放送のTOKYO FMのラジオ番組『川島明 そもそもの話』(毎週土 17:00-17:55)にて、お笑いコンビ・麒麟の川島明が、宮迫博之のことがNSCで気になる存在だったのは衝撃的な「ファッション」が理由だったと告白していた。

川島明:宮迫さんと、最初にかわした会話とか覚えてるんですか?

蛍原徹:ええ…なんせ、ダサかったのよ宮迫、本当に。

川島明:十分、知ってます。

蛍原徹:ファッション、見た目がもう初対面の時、もう言ったら天然スギちゃんやね。

川島明:ああ。

蛍原徹:もうノースリーブのジージャンを、あえて着てるわけじゃなく「カッコイイでしょ?」っていう感じで着てるわけ。

川島明:ふふ(笑)

蛍原徹:今でこそ笑い話ですけど、本人は真剣にね(笑)

蛍原徹:真剣です。

川島明:ナチュラルボーンスギちゃん(笑)

蛍原徹:プラス、短パン。ジーパンを切って、切ったらなんかファラファラってなるやん。

川島明:なりますね、ちょっとフリンジみたいに糸が。

蛍原徹:そう、そう。それで、夜やのにグラサンかけて(笑)

川島明:ふふ(笑)だから、そうなんですよね、あの人は実は(笑)

蛍原徹:そうなの(笑)

川島明:そこで面食らうわけじゃないですか、「これ正気か?」と。

蛍原徹:いや俺はちょっとやっぱ「面白い人やな」とは思った。

川島明:あ、その時点で?

蛍原徹:うん、「面白いな、この人」って思って。

川島明:それで、ネタをやってみるわけですか?

蛍原徹:NSCは1年行くねんけど、その間、友達の感じで一緒にずーっと遊んで。あいつはNSCで別でコンビ組んだり、僕は僕で別でコンビ組んだりしてて。

川島明:そうなんですね。

蛍原徹:そうなの。

川島明:友達なんですね。

蛍原徹:友達。もう凄い、毎日一緒に遊ぶような友達で。バイトも一緒にそのまま大阪の難波で、パブのバイトを一緒にし出すのよ。

川島明:へぇ。で、コンビはどうやって組むんですか?

蛍原徹:コンビはだから、2丁目劇場っていうのがあって、そこで若手の子がフレッシュコーナーみたいなんがあるから、オーディションやるからそこで2組受かる、みたいな。

川島明:その時、トップはダウンタウンさんとかですか?

蛍原徹:ダウンタウンさんがもう抜けて。

川島明:あ、もう東京行かれて?

蛍原徹:東京行って、もう2丁目劇場がもうガランと。

川島明:一気にブーム終わっちゃって?

蛍原徹:そう、そう。

川島明:お客さん全部いなくなった。

蛍原徹:そう。そんな時にそういうフレッシュコーナーみたいなんを作るからっていうので、オーディションがあるっていうので。

川島明:うん。

蛍原徹:もう、その時は一人一人やったから。ほんで一緒にバイトしてたから。

川島明:はい。

蛍原徹:もう一人同期の子が別でおって、「じゃあお前ら、ちょっとそれ一緒に組んでやったらええやん」って。

川島明:その方が何気なく助言して、「ヒマやったらやったら?」っていう。

蛍原徹:そう。「それやったら、オーディション二人で受けたらええやん」って。

川島明:ああ。

蛍原徹:「ほんなら一回やってみようか」で、多分その時、受かってんけど、落ちてたらやってないかもわからんね。

麒麟・川島、宮迫博之に「アメトーークで一番助かる芸人」と言われるも「そのYouTube、俺は拡散する勇気はなかったです」と発言
2021年1月13日配信開始のミルダムのゲーム実況チャンネル番組『東野幸治この素晴らしきゲームチャンネル』にて、お笑いコンビ・麒麟の川島明が、雨上がり決死隊・宮...
加藤浩次、蛍原徹が宮迫博之に対して「解散」を口にするほど許せなかったのは「雨上がり決死隊のことより、自分のことを優先したこと」ではないかと指摘
2022年8月6日配信開始のYouTube動画『WinWinWiiin』にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、蛍原徹が宮迫博之に対して「解散」を口にするほ...
タイトルとURLをコピーしました