アインシュタイン稲田、霜降り明星せいやは弁が立つのでナダルのように強く出ることができないと告白「弁が立たん人がいい、ナダルとか」

2019年11月9日放送のFM OSAKAの番組『TENGA presents Midnight World Cafe~TENGA 茶屋~』(毎週土 25:30 – 26:30)にて、お笑いコンビ・アインシュタインの稲田直樹が、霜降り明星・せいやは弁が立つので、ナダルのように強く出ることができないと告白していた。

稲田直樹:いざ、面と向かうと怖いんですよね、凄く。

ケンドーコバヤシ:ああ、キレられたらどうしようみたいな。

稲田直樹:はい、そうです。

ケンドーコバヤシ:分かる。後輩にキレられたらどうしようっていうのは、常にあるよな(笑)

稲田直樹:あります。

ケンドーコバヤシ:後輩キレてきたら、どうしたらエエんやろうっていう(笑)

河井ゆずる:はっはっはっ(笑)たしかにね。せいやは弁が立ちますからね。

稲田直樹:そう、そう。弁が立たん人がいい。ナダルとか。

ケンドーコバヤシ:はっはっはっ(笑)詰めてやるのに(笑)

稲田直樹:詰めれるので。

ケンドーコバヤシ:泣かせてやる、と(笑)

稲田直樹:ふふ(笑)

河井ゆずる:たしかに、ナダルは弁立たんもんな(笑)

アインシュタイン稲田、ナダルを「泣かせてはなだめて泣き止ませ、また泣かす」ということを繰り返して「思ったよりもナダルの心の傷に」

ケンコバ、アインシュタイン稲田が霜降り明星・せいやに「お笑い第7世代」問題で因縁をつけるも裏では「ありがとうな、せいや」と言っていたと暴露

霜降り明星・せいや、コロチキ・ナダルと久々に飲んだ感想は「やっぱキモかったなぁ」



ケンドーコバヤシTENGA茶屋

本日の人気記事