アインシュタイン稲田、ナダルを泣かせ過ぎて心に傷を負わせてしまった結果「ナダルがおかしくなった」ことに恐怖

2019年11月9日放送のFM OSAKAの番組『TENGA presents Midnight World Cafe~TENGA 茶屋~』(毎週土 25:30 – 26:30)にて、お笑いコンビ・アインシュタインの稲田直樹が、ナダルを泣かせ過ぎて、心に傷を負わせてしまった結果、「ナダルがおかしくなった」ことに怖くなってしまったと告白していた。

稲田直樹:なんか、最近聞いたんですけど、ナダルがあの日以来、泣きすぎておかしなって。

アインシュタイン稲田、ナダルを「泣かせてはなだめて泣き止ませ、また泣かす」ということを繰り返して「思ったよりもナダルの心の傷に」

ケンドーコバヤシ:うん。

稲田直樹:ネタでもなんか、テンポぐちゃぐちゃになってるって聞いてるんですけど、そのせいで。

ケンドーコバヤシ:ああ、その日以来?そこまで詰めたの?お前。

稲田直樹:なんか…そんなつもりも僕、ないんですけど。

ケンドーコバヤシ:ちょっとした、タイガースの藤浪投手みたいになってるやんか。

河井ゆずる:はっはっはっ(笑)フォーム崩れてもうて(笑)

ケンドーコバヤシ:たった一球が、彼の人生を変えたって言われてる。

稲田直樹:なんか、人の気持ちが考えられなくなった、みたいな。お客さんイジリして、お客さんもイヤがってんのに、ナダルが止まらへんみたいな。

河井ゆずる:はっはっはっ(笑)

ケンドーコバヤシ:稲田との抗争があった次の日から?

稲田直樹:変になったっていう。「おかしなってるんですよ」って。

ケンドーコバヤシ:まぁ、いいやん。第7世代潰しで、初手はお前が打ったって感じやんか。

稲田直樹:こんなん、復讐しか生まないでしょ、こんなこと。

ケンドーコバヤシ:復讐の連鎖が始まる(笑)

稲田直樹:連鎖が始まるでしょ(笑)

ケンドーコバヤシ:はっはっはっ(笑)

稲田直樹:怖いわ(笑)勘弁してやぁ。

ケンドーコバヤシ:はっはっはっ(笑)ナダル(笑)

稲田直樹:ナダル、しっかりして(笑)

ケンドーコバヤシ:はっはっはっ(笑)

稲田直樹:今後のためにも(笑)怖いわぁ、俺。

河井ゆずる:次、フォームを崩すのは俺や、と(笑)

ケンドーコバヤシ:これはマジで復讐の連鎖が始まるかもな。

稲田直樹:マジで「悪気がなかった」じゃ済まんぐらい、ナダルが…

ケンドーコバヤシ:抗争っていうのは、そういうものよ。

河井ゆずる:そうですね。

ケンドーコバヤシ:悲しみだけを量産していくのが抗争よ。ただ、最後に立ってた奴が時代とるっていうだけやからな。

河井ゆずる:なるほどね。それぐらいの覚悟で。

稲田直樹:そんなことになってたんか。

河井ゆずる:奇しくも、お前は一投目、石を投げたんやからね。

ケンドーコバヤシ:先手は打ったやん。

稲田直樹:たしかに。

河井ゆずる:それが当たったんや、思いっきり(笑)

稲田直樹:僕から始まってるもんなぁ。

ケンドーコバヤシ:先手は打ったからな。

アインシュタイン稲田、霜降り明星せいやは弁が立つのでナダルのように強く出ることができないと告白「弁が立たん人がいい、ナダルとか」



ケンドーコバヤシTENGA茶屋

本日の人気記事