オードリー若林、山里亮太と『さよならたりないふたり』で漫才をして改めて感慨「本当に良い同期と巡り会えたなぁ」

2019年11月9日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、南海キャンディーズ・山里亮太とのライブ『さよならたりないふたり』で漫才をして改めて「本当に良い同期と巡り会えたなぁ」と思えたと明かしていた。

若林正恭:あれは本物だね。

春日俊彰:だからもう、本当にあえてじゃなくて、湧き出してくるんだろうね。

若林正恭:湧き出してくる。

春日俊彰:こう言ったらウケるじゃないけど、何か引っかかりになるとかじゃなくて、沸いてきちゃって、止められないぐらいの感じなんじゃない?(笑)

若林正恭:そうなの。で、俺も、やっぱり漫才通して、「山里亮太、天才だな」って思ったし、「こいつのワードセンスと、たとえの速さに本当に完敗して。俺はたとえツッコミやめたな」とか。

春日俊彰:うん。

若林正恭:そんなことを思わされたし、あとは腹の底でね、「漫才できたなぁ」って自分では思えて。「山ちゃんも思ってるかな?」って。本当に良い同期と巡り会えたなぁとか思ってたのよ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:でも、まぁ一応漫才の中で振り回す方だから、俺は。姉ちゃんが見に来てて。

春日俊彰:ほう、ほう。

若林正恭:姉ちゃんも楽屋裏に挨拶来てたわけ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:で、山里亮太に「すみません、本当に。クレイジーな弟で」って。そしたら普通ね、「いやいや、お姉さん。若林君のおかげで僕も」とかじゃん。

春日俊彰:うん。

若林正恭:「すみません、クレイジーな弟で」って言ったら、「本当ですよ!相当クレイジーですよ、こいつは!」って。

春日俊彰:お前だよ、バカタレ!

オードリー若林、山里亮太がCreepy Nutsに『さよならたりないふたり』直後に言っていた一言で山里のひがみは「ナチュラル・ボーン」だと確信

若林正恭:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:クレイジーなのはお前だろ、バカタレが!(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:で、フォローもないんでしょ?(笑)「いやいや、冗談ですよ」って。

若林正恭:「いやいや、冗談ですよ」がないの(笑)

春日俊彰:クレイジーだね(笑)

オードリー若林、山里亮太について「傷ついてることが同じ。傷が似てると、人って仲良くなるんですね」と言ったところ演出家・安島隆が「涙ぐんでいた」

オードリー若林、『さよならたりないふたり』直前の『山里亮太の不毛な議論』に「今週は、腹を見せてなかったんだよね(笑)」

オードリー若林、山里亮太との差を歴然と表した『さよなら たりないふたり』のポスターに激怒「何やってんだ、コラ!」



オードリーのANN

本日の人気記事