伊集院光、東京へオリンピックを招致した委員会に改めて疑問「東京の夏はスポーツに向いてる…マジか?」「ひっきりなしに救急車来てる」

2019年11月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、東京へオリンピックを招致した東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会に改めて疑問を呈していた。

伊集院光:殊(こと)、マラソンに限って言うと、その日仕事だから。道混まれる方がキツイっていう。凄い道が混む方が、交通機関が、全部麻痺する方が、恐らくその日はあんま宅配便とかも届かないでしょ。

だから、ちょうどそれがTENGA切れてる時とかに当たったら、「なんか来ねぇじゃん」みたいになっちゃうし。っていうんで、元々、それほど東京でマラソンやって欲しいとは。やれば楽しむけど、やれば楽しむけど絶対東京で、とは思ってないし、もっと言えば「死んじゃうじゃん」っていう。

ここで逆に凄いのはさぁ、もうさ、こういう風になっちゃった上で、「それでも東京でやって欲しい」なんて言う勇気なんかないよ。「俺は東京都民だから、東京でやって欲しいって言った結果、もし誰か死んじゃったりした時に、もうなんかちょっと俺のせいでしょ。だって、「絶対、東京でやってくれ」って言っちゃったら。

もうそれはいいし、もっと言えば「誘致した奴なんなん?」っていう(笑)そもそもこれで押し切られるっていうことは、誘致した奴がバカだったってことじゃん。だって、これでIOCの言う通りにするっていうことは、そういうことだよね。

「東京の夏はスポーツに向いてる」って(笑)「マジか?」と。もう、草野球のグランドがいっぱいある土手とがあるじゃん、ひっきりなしに救急車来てるっつーの、東京の夏なんて。

ちょっと思ったのはね、今これを北海道で札幌で聴いてる人で、あんま来て欲しくない人ってゼロなん?今のテレビの感じだと、もう100、札幌の人来て欲しいみたいな。だって、東京にいるわけじゃん、こういう東京のオリンピックに対して「どっちでも」っつってる人いるわけじゃん。

で、ましてマラソンに関して言うと、「道混むなぁ」っていう。TBS行くのにも、「上手く時間読みができねぇな」っていう、俺がいるわけじゃん、東京に。

そうすると「札幌にいながら、『ちょっとな…』っていう人って、いないの?」っていう。「道混むのイヤだなぁって人、いないの?」っていう。

伊集院光、東京オリンピックのマラソンと競歩を北海道・札幌で開催するというIOCの決定を例え話で解説「兄貴のプラレール」

伊集院光、次期オリンピックが「時差のない」東京で開催されることに本音「夜中、何も見るものがない時間に…」

土田晃之、バナナマンとの「東京五輪マラソンのコース下見」番組を収録するも札幌で開催すると発表したことで戸惑い「来ないんだよ、そこには(笑)」



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事