ケンドーコバヤシ、アインシュタイン稲田がナダルにブチギレて泣かせた上に「泣いて済む思ってんのか?」と言い放ったと暴露

2019年11月2日放送のFM OSAKAの番組『TENGA presents Midnight World Cafe~TENGA 茶屋~』(毎週土 25:30 – 26:30)にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、アインシュタイン・稲田直樹がナダルにブチギレて泣かせた上に、「泣いて済む思ってんのか?」と言い放ったと暴露していた。

ケンドーコバヤシ:最近、何人かにね、「コバヤシさん、ちょっといいですか?」みたいな。「コバヤシさん、ちょっとお話があるんですけど」みたいに、後輩が楽屋を訪ねて来てね。

同じこと言われたんですけど。「稲ちゃん、大丈夫ですか?」みたいな。「なんや?」って言うたら、「多分、急にめちゃくちゃ忙しなって、ストレス抱え込んでんのか知らんけど、この間、めちゃくちゃナダルにブチギレて泣かしたらしいんですよ」って。

「え?」「まぁ、ナダルが悪いんでしょうけど、『そこまで詰めるか?』ぐらい詰めて、号泣してるナダルを置いて『おい、全員行くぞ』って、他全員連れて行って、ナダル一人店に置いてきぼりにしたんです」って(笑)

「いや、まぁ揉め事ぐらいはあるんやろうけど、泣かす、泣くてなぁ」みたいな。「多分、そういう始まりって大体、ナダルがいつも悪いんですけど、それにしてもなんか、ナダルが泣いた後にも、『はぁ?お前、泣いて済む思ってんのか?』みたいに言ってて」って(笑)

「『おい、全員行くぞ』って、ナダル置いて店出た」って話を何人かに聞いて(笑)「ちょっと、稲田ケアしたってください」みたいな。「稲田のケア?」って(笑)

この後、事情聴取して、詰めたいと思います(笑)

…ちょっと売れたらこうなる奴おんねん。



ケンドーコバヤシTENGA茶屋

本日の人気記事