木梨憲武、競馬でスッカラカンになったところ北島三郎が「ドサッ」と現金をくれた過去を明かす「こんなにいいんすか?」

2019年10月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『土曜朝6時 木梨の会。』(毎週土 6:00-7:00)にて、お笑いコンビ・とんねるずの木梨憲武が、競馬でスッカラカンになったところ、北島三郎が「ドサッ」と現金をくれた過去を明かしていた。

木梨憲武:北島さんと久しぶりにお話して。もちろん、キタサンブラックのお話から…まぁ、そうですね、北島さんには25年、30年前から、私なんかは、昔の話なんですが、北島さんに世話になって、大井競馬場で隣で「当たんねぇなぁ、木梨。どうだ?当たったか?」「当たんないです。どうですか?北島さん」「俺も当たんねぇよ」って(笑)

「競馬って当たんねぇなぁ」って(笑)北島さんの横で、俺なんかメシ代がなくなるぐらい、帰り際、肩を落として、自分の車の方に「高速代ないなぁ…」なんて言いながら。

で、「木梨!やられたか?」「はい、やられました」「メシ食え」って、ドサッて。ドサッぐらい。「こんなにいいんすか?」って。

「こんなにいいんだったら、メシやめてもう一回競馬場戻っていいっすか?」っつって(笑)それぐらいのやりとりのあるね、25年前とかから、北島さんの演歌チームじゃないですけど、歌関係の人たちも、競馬を一緒にやったり。

で、肩並べて、当時『生ダラ』やってましたから、「北島さん、俺、演歌歌手なりたいです」って言ったら、「バカ野郎」なんつって。「北島さんに曲を書いて欲しいです」って、で、『生ダラ』で曲を書いていただいたりして。

北島さんと歌えるのかと思ったら、ギリギリになったら「お前、(山本)譲二と歌え」って。「了解しました!ありがとうございます!…譲二さん、よろしくお願いします!」って(笑)

木梨憲武、北島三郎とのインスタ「お仕事シリーズ」写真を撮影しに行ったところその場のノリで『サブちゃんと歌仲間』に出演

よゐこ濱口、北島三郎に対して知らずに失礼な行為をしていてナイナイと加藤浩次を凍りつかせた過去「ヒドイ話やで」



土曜朝6時 木梨の会。

本日の人気記事