木梨憲武、「第三のとんねるず」放送作家・吉野晃章という存在について語る「素人参加番組出る時も吉野が横に…」

2020年5月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『土曜朝6時 木梨の会。』(毎週土 6:00-7:00)にて、お笑いコンビ・とんねるずの木梨憲武が、「第三のとんねるず」放送作家・吉野晃章という存在について語っていた。

木梨憲武:『オールナイトニッポン』も、『二酸化マンガンくらぶ』も、吉野が放送作家でいて、俺の話したこと、石橋貴明の話したこと、「はっはっはっ(笑)うおっ(笑)」って。この笑い屋として、かなりいいノイズをくれてたんでね。

まぁ、あんまりスベるとか、そうじゃなくて「うわ、最高!」とか。まぁ、ライブやる時も、吉野が、思いつき言った時にメモってくれて、順番を決めてくれたり、ずっとやってたっていうのが、ヒロミの『金スマ』の前に、多分俺の『金スマ』、吉野の話やったら、多分6時間のスペシャル作れるぐらいの。

そんぐらいの吉野。なんでかって言うと、高校1年から一緒で、同じサッカー部で。で、貴明とも野球部とサッカー部、仲良くて。ディスコ一緒に行きます、18歳ですよ。でも、マイケル・ジャクソン前かな、シック『おしゃれフリーク』…こういう音楽聴きながら、新宿のディスコとか、バーとかショーパブとかを通ってたっていうのが、吉野と一緒でしたね。

素人参加番組出る時も吉野が横にいてくれたり。「面白ぇ、行っちゃえよ、ゴーだよ。関係ねぇよ」って。最初からいるんじゃなくて、吉野がサッカー終わってから、就職するんですね。

テント張りの棟梁じゃないけど、そういう仕事やりながら、ラジオあると一緒にハガキ選んでくれたり、笑ってくれたりするから。「吉野、お前やめちゃえよ」って。「え?ヤバイよ」「放送作家としてやってけよ、そういう仕事あるから」って。

で、「放送作家ってどういう仕事だ?」って形でやったのが、やっぱ相談すると秋元康先生ですね。秋元さんが横にいるから、「秋元さん、吉野最高だから」って言ったら、SOLDOUT入れてくれて。(遠藤)察男がいたり、小川がいたり、ビリー藤原がいたりとか、色んな名前が出てきたりする中で、吉野はずーっと、秋元さんの事務所。

ここには凄いですね。今の映画の先生、巨匠の堤さんいたり。堤さんが『コラーッ!とんねるず』の監督やってきて、俺たちがどんなアドリブやっても編集のマジックで仕上げてくれたり。そこから港さんの『みなさんのおかげです』で、港浩一が仕上げてくれたりっていうのが、歴史的に繋がっていきます。



土曜朝6時 木梨の会。

本日の人気記事