放送作家・オークラ、自分の名前で検索すると「ろくな画像出てこない」ため「息子に検索されたらどうしようかと思って(笑)」

2019年10月18日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『バナナマンのバナナムーンGOLD』(毎週金 25:00 – 27:00)にて、放送作家のオークラが、自分の名前で検索すると「ろくな画像出てこない」ため「息子に検索されたらどうしようかと思って(笑)」などと語っていた。

リスナーメール:ネットで、「オークラ 歯」で検索したら、ももクロの百田夏菜子ちゃんが、オークラTシャツを着ている画像が出てきました。

日村勇紀:ああ、やっぱりTシャツが凄いやっぱりインパクト残してるんだね。

設楽統:そうだね、あれ歯がないからね。

日村勇紀:そうか。

設楽統:Tシャツあげたの?みんな雑巾かなんかにしてんじゃない?

オークラ:なんでそんな失礼なことするんですか(笑)

設楽統:ふふ(笑)

オークラ:稽古着みたいに着てくれて。

設楽統:「オークラ 派」じゃないとね。

オークラ:そうですね。

設楽統:「派」でもまだ出てこないかもね。

日村勇紀:今日から始まってるからね。

設楽統:「崩壊シリーズ」かな。

オークラ:それで調べてください。

設楽統:そうすると、オークラがどんどん崩壊してる、ケツの穴にバスが突っ込まれてる画像が(笑)

オークラ:そんなの最悪です(笑)

日村勇紀:オークラが有名人だからね。ヒットしちゃうかもね(笑)オークラとなにかが出ちゃって。

オークラ:ろくな画像出てこないんですよ(笑)

日村勇紀:俺もだよ(笑)

オークラ:息子に検索されたらどうしようかと思って(笑)

設楽統:はっはっはっ(笑)

オークラ:怖くて、怖くて(笑)

日村勇紀:本当だよ、「お父さん、なんでこんなことやってんの?」ってなるよな(笑)

設楽統:そっか(笑)

オークラ、おぎやはぎ矢作は人力舎へ入った途端にギスギスしていた事務所を「矢作色」に変えてしまったと明かす「人力舎の精神革命」

バナナマン×オークラ、「お笑い第○世代」の誕生と区分の定義「第3世代から誕生したお笑い世代」

佐久間宣行P、放送作家オークラはバナナマン・おぎやはぎ・バカリズムらの相談役で「日本で一番コントを書くのが上手い作家」と語る



バナナマンのバナナムーンGOLD

本日の人気記事