かまいたち山内、オズワルドのM-1グランプリ2022での3つの敗因を指摘「いつもより速いテンポ」「出だしでつかみ切れなかった」「圧倒的優勝候補のプレッシャー」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年12月19日配信開始のYouTubeチャンネル『かまいたちチャンネル』の動画にて、お笑いコンビ・かまいたちの山内健司が、オズワルドのM-1グランプリ2022での3つの敗因を指摘していた。

山内健司:3番手がオズワルド、敗者復活から上がってきて。

濱家隆一:はい。圧倒的でしたよね、票数。

山内健司:ねぇ。やっぱみんな期待している部分もあって。

濱家隆一:うん。

山内健司:ただ、俺、オズワルドは、「なんかいつもよりめっちゃ速いな」って思ったのよ。

濱家隆一:テンポ?

山内健司:テンポ。だから、あえてなのか、敗者復活で寒かったから。

濱家隆一:うん、うん。

山内健司:寒いと、速くなるやん、やっぱ。

濱家隆一:ふふ(笑)そうなん?漫才って、寒いと速なるの?(笑)

山内健司:漫才って、寒いとやっぱ速くなるから。

濱家隆一:あんまり感じたことなかったけど。

山内健司:いや、そこの印象がどうだったのかなっていうのが、俺は気になったかなぁ。

濱家隆一:うん。

山内健司:なんかいつもの、オズワルドのゆっくりテンポで刺しに行く感じが、結構、オズワルドの中では、早いペースで進んでいったんで。

濱家隆一:うん。

山内健司:そこがなんか、どう捉えられたのかなっていうのは、思いますね。

濱家隆一:これもでも、順番やったんかも分からんよな。

山内健司:うん。

濱家隆一:会場が温まりきってたらとかはあったかもなぁ。なんか、敗者復活で1回さ、優勝してきてるやん。

山内健司:うん。

濱家隆一:だから、会場の熱気とかムードをバーって背負って来てる、その出来上がった状態で、ノリノリの状態でやってるのと、まだM-1会場、スタジオ自体が熱を帯びてないから、そこの若干の違いはあったんかもな。

山内健司:うん、あったのかもね。

濱家隆一:うん。

山内健司:ちょっとね、思いましたね。速いかなぁっていう。プラス、多分スタートダッシュで、多分思ったところで来なかったのよね、オズワルドが思ってる、1ボケ目、2ボケ目で。

濱家隆一:うん。

山内健司:去年のM-1の決勝の2本目もそうやったけど、オズワルドのあのトーンで、最初の1ボケ目、2ボケ目で思ったように来ないと、お客さんが「あれ?大丈夫かな」っていう空気に変わるから。

濱家隆一:ああ。

山内健司:それやっぱ難しいというか。「今回、いけるよね?」って、ちょっと心配させちゃったかな、と。後半はもちろん巻き返してきたんですけど、前半のスタートダッシュをもうちょっと決めれたら、違ったんだろうなって思いました。

濱家隆一:圧倒的優勝候補すぎたしね。

山内健司:そう。

濱家隆一:そのプレッシャーも絶対あったよな。

山内健司:敗者復活、オズワルド来るやろって言われて、案の定すごい票数でやってきての、ハードルの、オズワルドならではの上がり方しちゃったかな、はありましたね。

かまいたち濱家、M-1準決勝でスベリ過ぎてしまい密着取材の担当ディレクターが「ハケてきた時に、ボロボロ泣いていた」と明かす
2020年7月11日配信開始のYoutubeチャンネル「かまいたちチャンネル」にて、お笑いコンビ・かまいたちの濱家隆一が、M-1グランプリ2016の準決勝でスベリ過ぎてしまい、密着取材の担当ディレクターが「ハケてきた時に、ボロボロ泣いていた...
ニューヨーク嶋佐、M-1グランプリ2022でオズワルドが「サスペンダーだけを残す」という暫定ボックスでのボケを絶賛「あの敗者コメント、歴史に残るんじゃないか?」
2022年12月18日配信のYouTube動画『ニューヨークのニューラジオ』にて、お笑いコンビ・ニューヨークの嶋佐和也が、M-1グランプリ2022でオズワルドが「サスペンダーだけを残す」という暫定ボックスでのボケを絶賛していた。 ...
タイトルとURLをコピーしました