山里亮太、オードリーが武道館で漫才をしていることに実は「奥歯を噛み締めて、砕けるほど」悔しい思いをしていたと告白

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年9月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、オードリーが武道館で漫才をしていることに実は「奥歯を噛み締めて、砕けるほど」悔しい思いをしていたと告白していた。

山里亮太:俺は、赤江さんと「赤坂一回キャンディーズ」っていう漫才をやるから。凄い俺もドキドキはしてんのよ。だって、武道館で漫才をするわけだから。

俺は武道館で漫才するの憧れてたし。こんなこと言うのもなんだけど、オードリーが武道館で漫才をやって、死ぬほどウケてるのを見た時に、サトミツ君とかと喋る時は「凄いね、オードリー。あれは気持ちよかったろうなぁ」って言って、冷静を装ってたんだけど。

「分かる、分かる。芸人としてのその気持ち、あれは気持ちよかったろうなぁ」って余裕のテンションだったけど、奥歯砕けるんじゃないかってぐらい。

あんだけさ、ウケまくってる漫才の真ん中に、同期で。仲間だけどライバルの人がさ、あんなに楽しそうな漫才をしてたらさ、それは奥歯砕けるよ、それは。

っていう状況で今日、赤江さんと舞台に立つっていうのもあったし。

オードリー若林と山里亮太、互いが「相方以上」の存在となるまでの経緯まとめ
若林と山里との出会い 若林正恭:スゴイよね。それで、『たりないふたり』っていうのは、ディレクターの安島(隆)さん(注釈:後述の『潜在異色』の演出も担当)がやってて。それで、各々で飲んでた時に、山ちゃんと俺が言ってるグチが全く一緒だって...
オードリー若林、『午前0時の森』で山里亮太がレギュラー本数に固執していた様子に驚き「やっぱ本気には勝てない」
2022年7月9日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、『午前0時の森』で山里亮太がレギュラー本数に固執していた様子に驚いたと語って...
タイトルとURLをコピーしました