山里亮太、土屋礼央が『レオなるど』での苦い思いを吐露したことを嬉々としてイジる「嫌な思いしたのかな、ニッポン放送で」

2019年10月1日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、ニッポン放送で放送されていたラジオ番組『レオなるど』での苦い思いを土屋礼央が吐露したことを、嬉々としてイジっていた。

山里亮太:木曜日のゲストの土屋礼央さん。

赤江珠緒:はい…いや、ゲストじゃない、パートナーのね(笑)

山里亮太:なんか言ってましたね、リーダーって、凄い興味津々な話。

赤江珠緒:リーダーとは。

山里亮太:「ニッポン放送でやってた時は、自分がリーダーだと思ったことは一度もなかった」って。

赤江珠緒:ふふ(笑)

山里亮太:いや、そんなわけないじゃん。土屋礼央さんの『レオなるど』ですよ、番組。

赤江珠緒:そうですよ。

山里亮太:リーダー、礼央さんに決まってるじゃない。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:なのに礼央さんリーダーじゃなかった?礼央さん、どういうことなんだろう。

赤江珠緒:そこをなんで根掘り葉掘りそんな聞きたいんですか?(笑)

山里亮太:だって、俺たち仲間じゃん。

赤江珠緒:ふふ(笑)何の仲間なのよ(笑)

山里亮太:仲間のそういう心の叫びには耳を傾けたいの。

赤江珠緒:ニッポン放送さんに…

山里亮太:何があったんだろう、『レオなるど』の時に。

赤江珠緒:揉めたことを、『レオなるど』さんもそうだと思いたいわけ?

山里亮太:分かんない。礼央さんが言うね、自分は一回も『レオなるど』という名前のついた番組で、リーダーになったことは一度もなかったってことが、どういう意味なのか。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:謙虚な方だから、礼央さんは。

赤江珠緒:そう、謙遜的な意味合いで言ったんじゃないですか。

山里亮太:それとも、自分がやりたいことは何も通らず、ただただ上から無理難題を押し付けられて、「ああ、果たしてこの番組は僕の番組なんだろうか?」って。

赤江珠緒:なんで後者をそんな活き活き喋るんだよ(笑)

山里亮太:っていう意味でのリーダーじゃなかった?どっちかなぁって思って。

赤江珠緒:ああ、そうですか。聞きたいんですか(笑)

山里亮太:聞きたいなぁって思ってます。

赤江珠緒:急に興味津々になってるわね(笑)

山里亮太:なんかイヤな思いしたのかなぁ、ニッポン放送で。

赤江珠緒:人がイヤな思いをしたことを喜んでもう。

山里亮太:ねぇ、礼央さんどうしたんだろう?

赤江珠緒:もう、要らないですよ(笑)

山里亮太:なんかニッポン放送で…気になっちゃう。

赤江珠緒:円満です(笑)今もニッポン放送行かれてますから。

山里亮太:ああ、そうなんだ。毎回ね、一パーツずつ爆弾を置いてってるんでしょ?

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)違うわよ。なんでそこを揉めさせたいのよ(笑)

山里亮太:次の春にボタン押したら、一気に爆発するって言ってたよ。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)本当にねぇ(笑)ジョーカー的な感じで(笑)

山里亮太:ジョーカーだから。礼央さんってジョーカーだからね。

赤江珠緒:違うわよ(笑)

山里亮太:オードリーのいる土曜日に爆発してください。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)本当に、巻き込みますね、あなたって人はね(笑)



たまむすび

本日の人気記事

本日の人気記事