伊集院光、信頼する放送作家が『三四郎のANN0』を初期から賞賛していた理由「このスピリットの人は、絶対ラジオスターになる」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年5月23日放送のテレビ朝日系の番組『お笑い実力刃presents 証言者バラエティ アンタウォッチマン!』にて、お笑い芸人・伊集院光が、信頼する放送作家が『三四郎のオールナイトニッポン0』を初期から賞賛していた理由について語っていた。

伊集院光:僕がオールナイトニッポンの2部を始めたのが二十歳だったんですけど。

柴田英嗣:はい。

伊集院光:その時に、戦友って感じの放送作家がついたんです。

ザキヤマ:ほう。

伊集院光:もう彼と二人でなんとか頑張ってっていう。

柴田英嗣:はい、はい。

伊集院光:しばらく連絡もとってなかったんですけど。その放送作家のSさんって人から。

ザキヤマ:はい。

伊集院光:「三四郎がいいんだよ」っていう話をしてて。

ザキヤマ:へぇ。

伊集院光:で、何がいいかって言うと、わりと売れてきたお笑いのラジオの子が、芸人ラジオを始めた子たちが、「今日、何もないよな」ってダラッと喋ることもラジオだ、みたいなことが悪い方に出るケースがある、と。

ザキヤマ:うん。

伊集院光:でも、小宮君が「今日何もないから、来る時、激辛ラーメンを食べてきた」と。

柴田英嗣:うん、うん。

伊集院光:で、それがどれだけ失敗したかっていう話をしてる、と。

柴田英嗣:うん。

伊集院光:で、このスピリットの人は、絶対ラジオスターになるって。

柴田英嗣:ああ。

伊集院光:多分、一回目か二回目の時から言ってて。

ザキヤマ:なるほど。

伊集院光:「ああ、そうなんだ」と。その人、全く人を褒めない人で。しかもラジオ眼を信頼してるから。「ああ、やっぱりそういうことなんだ」って。

ザキヤマ:へぇ。

伊集院光:で、その時に、「伊集院と似たものを感じるんだよ」って言ってくれたんだけど、ずーっと2部にいるあたりが凄い似てる。

柴田英嗣:はっはっはっ(笑)伊集院さんも2部長かったんですよね(笑)

伊集院光:長かったのよ(笑)

オードリー若林、三四郎・小宮のブレイク直後は暴れっぷりが「ヤバかった」ため「アメリカの警官みたいに取り押さえた」と告白
2022年4月6日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、三四郎・小宮浩信のブレイク直後は暴れっぷりが「ヤバかった」ため、「アメリカの警官みたいに取り押さえた」と告白していた。 ...
佐久間宣行P、三四郎・相田が「テレビとラジオの未来を語る」企画で「明らかに居心地が悪そうだった」と明かす
2022年5月18日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、テレビプロデューサーの佐久間宣行が、三四郎・相田周二が「テレビとラジオの未来を語る」企画で「明らか...
タイトルとURLをコピーしました