萩本欽一、上手くいかない時は前ばかり進もうとするのではなく「一歩下がって、二歩前へ進む」ことを考えるべきであると語る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年5月5日放送のニッポン放送系のラジオ番組『欽ちゃんとオードリー若林のキンワカ60分』にて、萩本欽一が、上手くいかない時は前ばかり進もうとするのではなく「一歩下がって、二歩前へ進む」ことを考えるべきであると語っていた。

若林正恭:3年間っていうと、後から来た奴にもどんどん抜かれません?

萩本欽一:どんどん抜かれてった。

若林正恭:悔しくないですか?

萩本欽一:悔しくない。当然っていう。

若林正恭:なんで当然なんですか?

萩本欽一:どうしてかって言うと、ダメなんだもん。

若林正恭:ああ、自分で。

萩本欽一:まずはね、コメディアンってやる前に、踊らされるの。

若林正恭:踊りがあるんですね。ダンスですね。

萩本欽一:そう、ダンス。

若林正恭:ダンスの筋はどうだったんですか?

萩本欽一:ダンスはね、演出家の先生に踊り子さんが、「先生、この坊やと組ませるの勘弁してくれる?」って(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)欽ちゃん、何もできないじゃないですか(笑)

萩本欽一:それで、俺、踊りを踊る前にね、リズム感が悪いんだっつって、ドラムの練習したの。

若林正恭:ドラムの?

萩本欽一:そしたらね、ドラムは簡単に叩けるようになったの。

若林正恭:へぇ。

萩本欽一:そしたらね、バンドが入ってて。バンマスが「良いドラム叩くね。お前、バンドマンになったらどう?」って。

若林正恭:へぇ。

萩本欽一:ドラムやってから、それから踊りやったら、あっという間に踊れるようになったの。

若林正恭:そこでリズムの基礎ができたんですね。

萩本欽一:それを覚えたんじゃなくて、「お前、ダメな奴じゃなくて、前へ一歩進むんじゃなくて、一歩後ろ下がれ」と。

若林正恭:後ろへ下がる?

萩本欽一:「一歩下がって、二歩前へ」っていう。すぐこれやろうっていうんじゃなくて。

若林正恭:なるほど、お笑いだったら、お笑いそのままじゃなくて、ドラムとか経由するってことですか。

萩本欽一:そう、そう。

若林正恭:それでよく、アイドルグループとかプロデュースしてましたね、そんな踊れない奴が…「踊れない奴が」って言っちゃった(笑)

萩本欽一:はっはっはっ(笑)

オードリー若林、萩本欽一が「40歳で河合塾に行って勉強していた」時に出会った学生とのエピソードに驚き「カッコイイ話!」
2022年1月2日放送のニッポン放送系のラジオ番組『欽ちゃんとオードリー若林のキンワカ60分!』にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、萩本欽一が「40歳で河合塾に行って勉強していた」時に出会った学生とのエピソードに驚いたと語っていた。...
オードリー若林、萩本欽一が他の芸人の漫才やコントを見ない理由に驚愕「だって、台本ある人って素人じゃん」
2021年12月11日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、萩本欽一が他の芸人の漫才やコントを見ない理由に驚愕したと語っていた。 ...
タイトルとURLをコピーしました