東野幸治、フジテレビ『NG大賞』は大人気ドラマの「苦肉の策」から生まれたと明かす「明日オンエアでってなって…」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年3月4日放送のABCラジオの番組『東野幸治のホンモノラジオ』(毎週金25:00-26:00)にて、お笑い芸人・東野幸治が、フジテレビ『NG大賞』は大人気ドラマの「苦肉の策」から生まれたと明かしていた。

東野幸治:NG大賞って知ってます?子供の時にあった、フジテレビのNG大賞。それって実は、『翔んだカップル』の30分ドラマから始まったんですよ。

それは、たまたま学園モノで葛城あやさんと主役の男の子。柳沢慎吾さんも、スーパージョッキー、テレビジョキーの素人から俳優で言うたらヤンキー役で出てるんですよね。

で、それ大人気やったんやけど、ある時、毎週毎週30分でタイト、タイトなスケジュールやから。ドラマ撮れなかったんですよ。

で、30分ドラマやったけど、時間ショートしたんですよ。スタッフも「え?どうする?」って。「明日、オンエアやで」って。「でも、もう無理です。どうする?」って言うて、もう苦肉の策で、「じゃあアイツら演技下手だから。たくさんミスしてるから。その映像ちょっと繋げたら」って。

「それしょうがないですよね、今回だけは」って、繋げたんですよ。ほんなら、そこだけえらい毎分が上がって。だから失敗シーン、NGシーンは…っていうんで、そこだけ流したら凄い数字上がったんです。

で、それから毎週、毎週エンディングに今週のドラマのNGシーンが流れるようになって、「これNGシーンおもろいやん」って、フジテレビのドラマの半期に一度、NG大賞っていう。

東野幸治、ドラマ『翔んだカップル』で放送時間より素材が短くなった際に制作スタッフがとった苦肉の策を語る「しぶしぶNGシーンを流した」
2020年2月29日配信開始となったYouTube動画『東野幸治の幻ラジオ』の第5回にて、お笑い芸人・東野幸治が、ドラマ『翔んだカップル』で放送時間より素材が短くなった際に制作スタッフがとった苦肉の策を語っていた。 東野幸治:...
東野幸治、ダウンタウンが創出した言葉やテレビで多用して流行らせた上方芸人の楽屋用語について語る「ブルーになる」「SかMかで言うと」
2020年2月29日配信開始となったYouTube動画『東野幸治の幻ラジオ』の第5回にて、お笑い芸人・東野幸治が、ダウンタウンが創出した言葉やテレビで多用して流行らせた上方芸人の楽屋用語について語っていた。 東野幸治:ダウンタ...
タイトルとURLをコピーしました