ケンドーコバヤシ、『世にも奇妙な物語 2021年秋の特別編』のストーリーが「無理やりバッドエンドにしてた」と指摘「無事、解決したやんって」

2021年11月13日放送のFM OSAKAの番組『TENGA presents Midnight World Cafe~TENGA 茶屋~』(毎週土 25:30 – 26:30)にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、『世にも奇妙な物語 2021年秋の特別編』のストーリーが「無理やりバッドエンドにしてた」と指摘していた。

紗倉まな:「なんだ、このムカムカは」みたいな終わり方はしないようにしよう」って書いたので。

ケンドーコバヤシ:ああ。

たかのり:最後、バシッと光が射す感じで。

紗倉まな:はい。

ケンドーコバヤシ:だから、あれやな。『世にも奇妙な物語』みたいに無理やりバッドエンドにせんでもエエってことやな?

紗倉まな:あ、そうです、そうです。

たかのり:明るく終わってもいい、と。

紗倉まな:そうですね。

ケンドーコバヤシ:この間、メシ食いながら『世にも奇妙な物語』やってんの見たら、無理やりバッドエンドにしてたから。

紗倉まな:はっはっはっ(笑)

ケンドーコバヤシ:無事、解決したやんって。

紗倉まな:はっはっはっ(笑)

たかのり:笑ってまいますよね。

紗倉まな:はっはっはっ(笑)

ケンドーコバヤシ:笑ってまう。最後の最後で、無理くりバッドエンドにして。

紗倉まな:はっはっはっ(笑)

ケンドーコバヤシ:「解決したやんか、さっき」って。

紗倉まな:はっはっはっ(笑)

たかのり:あの曲につなげたいんですよ(笑)

紗倉まな:はっはっはっ(笑)

ケンドーコバヤシ:ハッピーエンドやったら、あの曲に合わへんのか。

紗倉まな:曲ありきみたいな(笑)



ケンドーコバヤシTENGA茶屋

本日の人気記事