山里亮太、『脱力タイムズ』で毒舌系YouTuberタカユキと論客の激しい論争が20分続いて恐怖を感じたと告白「なんだ?この回は…」

2021年11月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、フジテレビ系の番組『脱力タイムズ』で毒舌系YouTuberタカユキと論客の激しい論争が20分続いて恐怖を感じたと告白していた。

山里亮太:『脱力タイムズ』の打ち合わせはするけど、打ち合わせと違うことをやるのよ、絶対。でも、しっかり打ち合わせもして。

で、始まったらもうめっちゃくちゃよ。毒舌系YouTuberって方が来られてね。その論客の方々、オールスターよ、脱力の論客オールスター。出口先生とか、揃ってて。

でも、あれオンエア的には10分弱ぐらいだったのかな。先生たちと、毒舌系YouTuberタカユキさんっていう。仮名で覆面かぶって戦ってて。あれ20分ぐらい、めちゃくちゃ激論したのよ。

で、もう打ち合わせと違うっていうのは分かってるけど、これが何なのかが分かんないのよ。何をしたらいいのか分かんないから。で、矢吹奈子ちゃんっていう、HKTの子がいて。あの番組のテイスト上、敵じゃん。

何なんだろうって。『脱力タイムズ』何回か出てるけど、こんなに入れないこともないし。で、バーッて話してて、「いや、ワシわい!」っていうのもないし。「これは俺、何を試されてるんだろう?」って。あの『脱力タイムズ』って、物凄い試されてる感じするのよ、あそこ座ってる時って。でも、全く分かんなかったのよ。

で、このYouTuberも饒舌でさ、バーッとまくしたてて、バトッてる。ここに俺はどういう形で入れるんだって20分経っても分かんなくて、怖くなんのよ。「なんだ?この回は…」って。

「テレビはオワコンだ」とかってテーマでやってんのよ。で、このままいくんじゃないかって。「強烈なスカしなのか?」って思った時に、急に矢印がこっちにきて。その瞬間に有田さんが打席を回してきて、その瞬間で立ち位置と自分のしなきゃいけないことと、自分の引き出しを一気に確認するって処理して。パニックよ、それは。

オードリー若林、山里亮太が『脱力タイムズ』で「ギリギリ勝ったと思う芸人は?」との質問に「オードリー若林」と答えていたことに「本当に何も思わないの」

伊集院光、アンタッチャブルの『脱力タイムズ』での復活についてザキヤマに相談されて「(くりぃむしちゅー)有田君に甘えた方がいい」とアドバイスしたと告白



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事