伊集院光、ホリプロに所属する直前にマネージャーへ言った生意気な一言を振り返って「よく入れてくれたな、と思いますけどね(笑)」

2021年11月8日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、ホリプロに所属する直前にマネージャーへ言った生意気な一言を振り返って「よく入れてくれたな、と思いますけどね(笑)」などと語っていた。

伊集院光:メールとかない頃に、仕事の依頼とか。「たとえば、地図付きの台本みたいのとか、どうしてたの?」みたいな。

まぁ、実際はFAXでやりとりしてたんだけど。俺、それで急に思い出したんだけどね。最初、ホリプロに入った時に、ホリプロの人から「FAXを自宅に必ず買ってください」って言われて。

「なんでですか?」って言ったら、「台本とかをわざわざ届けに行くのが大変だから」って。その時の言い方が、「わざわざタレントの家に台本を届けに行くよりも、今はFAXの方が便利だから、FAXで送りますから」って言われて。

で、その時に俺、全然若手だよ。入ったばっかりの頃。その時に、「つかぬことをお伺いしますけれども」っていう。急に思い出して、顔が真っ赤っ赤いなったんだけど。

「このFAXは、マネージャーさんの仕事が軽減されるための道具ですか?僕が取りに行くべきものを、取りに行かなくなるための道具ですか?もし、これがマネージャーさんが本来、届けるべきものを、自分で届けなくて済むようになるための道具ならば、ホリプロで買ってください」って(笑)

「これが本来、俺みたいな下っ端は、ホリプロまで取りに行かなきゃならないものを取りに行かなくて済む道具なら、僕が買います」っていう。その話が、ほぼホリプロの人とした第一声なんですね。

よく入れてくれたな、と思いますけどね(笑)その時点で入ることは、まぁ大体決まってますけども、よく入れたなって思いますよね。で、その時は今もお世話になってる、わりと物わかりのいい方が、たまたまホリプロのトップ側のタレントの人が、電機メーカーのCMを大々的にやってたおかげで、そこの新製品のFAXので、「使ってみてください」っていうやつが空いてたんで、それをもらうっていう、大人の解決をしたんですけども(笑)

やっぱ出世したね(笑)やっぱりそういうところ、間を上手にできる人は出世するもんだねと思いましたねぇ(笑)

伊集院光、ホリプロに所属した翌日にマネージャーとすでに揉めていたと告白「生意気な奴入ってきたなって思われて…」

伊集院光、師匠・三遊亭円楽との二人会にホリプロ堀義貴社長が来て持ってきた寿司の差し入れに「あ、和田アキ子の時よりも安いやつね」と思ったと告白



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事