おぎやはぎ小木、他人の家の子供が苦手で「上手く喋れずに敬語になってしまっていた」と告白

2019年9月5日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明が、他人の家の子供が苦手で「上手く喋れずに敬語になってしまっていた」と告白していた。

矢作兼:俺だって全然、子供好きじゃない人じゃん。

小木博明:まぁ、好きじゃないってわりには、好きな感じあったよ、他の子供とかと接してる時とかさ。

矢作兼:へぇ。

小木博明:ほら、マッコイさんの子供とかさ。

矢作兼:ああ、好かれるからね、結構。

小木博明:うん。加藤さんのところとかね。

矢作兼:そう、そう。

小木博明:そういうところでも、ちゃんと世話をするでしょ。

矢作兼:ああ。

小木博明:俺はもう、無視だからね、ほぼ。

矢作兼:ふふ(笑)

小木博明:まず、他人の家の子供なんて絶対無視じゃん。

矢作兼:敬語使う奴だもんね(笑)

小木博明:そう。喋れないからね。

矢作兼:ねぇ(笑)

小木博明:敬語だった。やっとなんとか今は喋れるようになってきたけどね、慣れてきて。まあるの同級生とかさ。

矢作兼:ああ。

小木博明:普通に喋るようになってきたけど、幼稚園ぐらいまでは、まだ敬語だったな。

矢作兼:はっはっはっ(笑)

小木博明:慣れないんだよ、あれが本当に。

矢作兼:ああ、そうか。

小木博明:それぐらい嫌いだったし。



おぎやはぎのメガネびいき

本日の人気記事