爆笑問題・太田、小山田圭吾のいじめ問題でメディアを取り巻く時代性を考慮せず「あれだけが異質」と断じてしまうことに疑問「凶悪犯をモンスターと決めつけるように」

2021年7月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、小山田圭吾のいじめ問題でメディアを取り巻く時代性を考慮せず「あれだけが異質」と断じてしまうことに疑問を呈していた。

太田光:あの異常性は分かる。けど、それでもやっぱりあの雑誌があの当時、全部の出版社も含めて、校閲も通って。

田中裕二:うん。

太田光:出版されて。で、読者も相変わらずそのまぁ多少のクレームはあったにせよ、次の号も買ってって、今に脈々と続くってことは、あれだけが異空間だった、あれだけが異質だったっていうことには、俺はならないと思うのね。

田中裕二:うん。

太田光:で、それは何故そう思うかっていうと、あの時代に俺も生きていて、俺はあの雑誌は知らなかったけど、「あれは異質だ」ってことにしちゃうと、それはそれで終わっちゃうと思うんだよ。

田中裕二:うん。

太田光:俺ら、あの時代に生きててさ、「あれとは関係ないよ。だってあれ、異空間だもん」って言ったら、それはそれで、終わっちゃうと思うんだよね。

田中裕二:うん。

太田光:俺らもあの時代に生きてて、あれを見過ごしたんだと、俺は思うのね。

田中裕二:うん。

太田光:人それぞれ、考え方があるのは分かります。で、その辺が俺の考え方が、その記事を書いた人と違うところなんですけど。

田中裕二:うん、うん。

太田光:よくね、「アイツは異常者だ」と。「モンスターなんだ」と。「それはもう、自分とは関係ないものだ」…って言ってるのかどうかは知らないけど。

田中裕二:うん。

太田光:「あれはもう異質だよ」っていう考え方はね、俺はね、「本当にそうかなぁ?」って、前から思ってるんですよ。地続きじゃないのかなぁって思ってるんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:たとえば、いつも凄い凶悪事件が起きた時にね、「あの人間は最初からモンスターだったんだから、自分とは関係ない、異常者だったんだから」で片付けちゃうって時、あるじゃないですか。

田中裕二:うん。

太田光:それはそれで、社会がそれを望んでると思うから、俺は目を背けたいしね、当然そういうことに関して言うと。

田中裕二:うん。

太田光:だからそれは、人間ってやっぱり弱いというかさ。

田中裕二:うん、うん。

太田光:そういう反応もしますよね。でも、俺はもちろん小山田圭吾が過去にやったあのいじめね、俺はあんなことはしないですよ、しないし、あれは酷い、陰惨なものだと思いますよ、あの文章を読んでね。

田中裕二:うん。

太田光:だけど、俺の中にもいつかああいう語り、要するに過去に「あんなことやってさ」っていう、ああいうことを語るモンスターが俺の中にも、怪物がいつ出てくるか分からないなっていうふうに、俺は思ってるんですよ。



爆笑問題カーボーイ

本日の人気記事