爆笑問題・太田、小山田圭吾がいじめ自慢を行った醜悪さは「俺の中にもある」と思った理由

2021年7月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、小山田圭吾がいじめ自慢を行った醜悪さは「俺の中にもある」と思った理由について語っていた。

太田光:そこで(爆笑問題・太田、小山田圭吾のいじめ問題でメディアを取り巻く時代性を考慮せず「あれだけが異質」と断じてしまうことに疑問「凶悪犯をモンスターと決めつけるように」)当時、俺らがやってたネタの話をしたんだけど。

田中裕二:うん。

太田光:言ってみりゃ、今じゃもう放送できるのかどうか分かんないけど。

田中裕二:うん。

太田光:我々が最初に作ったネタっていうのは、お前は忘れてるんだろうけど。

田中裕二:俺?忘れてないですよ(笑)

太田光:進路指導室っていうネタでね。俺が進路指導の教師なんですよ。で、田中が凄いいじめられっ子の、偏差値の低い生徒なんですよね。

田中裕二:うん。

太田光:で、進路指導に来るんですよ。それで、田中はいじめられてるんだけど、皆勤賞なんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:で、俺は進路指導を田中にするわけ、いじめられっ子の。これ、当時はテレビでできたネタで、俺らの中でも唯一できたネタなんですけど。

田中裕二:うん。

太田光:で、俺らは何を進路指導するかって言うと、「死ね」っていう進路を指導する。「お前はもう、死ぬしかないんだ」ということを…まぁ、酷いネタですよ。

田中裕二:うん。

太田光:だけど、そこで俺はまぁ要するに、田中が孤立してて皆勤賞っていうのは、実は俺の投影なんだけどね。その当時の高校時代の俺の投影なんだけど。

田中裕二:うん。

太田光:「お前さ、いじめられてたら学校休めよ」と、俺は教師として言うわけですよ。「お前、バカか」と。で、要は最終的に「お前が自殺しても、俺は大丈夫なようになってるから」みたいな。

田中裕二:酷いね。

太田光:まぁまぁ、こういう言い方をすれば酷いんだけど、バカウケでした。

田中裕二:うん。

太田光:バカウケだった。っていうのは、俺は俺が演じている教師の異常性をお客さんが笑うように作ったんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:だから、それはそこで笑うっていうのは、決して間違いじゃないと思ってるんですよ。要するに、正常と異常の人がいて、異常な振る舞いをお客が笑う。でも、中には田中を笑っているお客もいたんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:っていうのは、やっぱりお笑いだからそういう作りをするからなんですね。

田中裕二:うん。

太田光:これは、ああいう小山田圭吾がやった、実際にやったイジメの行為を、俺は実際に手を下して自分がやったわけじゃないんだけど。

田中裕二:うん。

太田光:でも、あのクイックジャパンの中で、いわゆるいじめられっ子のことをあざ笑うかのように思い出話をして、ネタとしてあそこで話すと、まぁ大差ないだろう、と。

田中裕二:うん。

太田光:俺もだからああいう醜悪さ、小山田が持っている醜悪さっていうのは、俺の中にもあるなぁと思った。

田中裕二:うん。

太田光:だから、それは多分あのネタは今の時代、テレビで通るかどうか分かんない。恐らく通らないだろうなって。それより酷いネタ、俺らはやってたから。

田中裕二:うん。

太田光:今日もね、凄くありがたい手紙をいただいて。「太田さんのやってるネタと、彼がやったこととは、全然意味合いが違います」って言うんだけど、俺は行為のこと言ってるんじゃないんですよ。

田中裕二:うん、うん。

太田光:ああやって語ること、ネタにして語ることっていうのは、俺も似たようなことをやったんだっていうことを言ってるわけ。

田中裕二:うん。

太田光:そういう意味では、俺の中にも、アイツと同じ怪物が潜んでいるんだっていうこと、それは凄く残酷な、人間っていうのは、必ず残酷さを俺だけじゃなく、小山田だけじゃなく、あらゆる人がその残酷さを、その中に秘めてるだろうっていうのが俺のずーっと思っている考え方で。

田中裕二:うん。

太田光:「私はそんなことない」っていう人はもちろんそうなんだけど、俺らはやっぱり未熟っていうかさ、不完全だなって、未だに思うから、それは思ってるんです。



爆笑問題カーボーイ

本日の人気記事