爆笑問題・太田、小山田圭吾のいじめ問題で擁護したのは「クイックジャパン最新号に自分たちが表紙で掲載されているから」という批判に反論「それは単なる偶然」

2021年7月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、小山田圭吾のいじめ問題で擁護したのは「クイックジャパン最新号に自分たちが表紙で掲載されているから」という批判に反論していた。

太田光:クイックジャパンが、またヘタなことで、俺らが今、最新号の表紙だからさ。

田中裕二:ああ、そうそう。

太田光:「だから庇ってんだろう」って言うけど。

田中裕二:うん。

太田光:そんなの関係ないんだけど、俺は。

田中裕二:うん。

太田光:それは単なる偶然なんだけど。

田中裕二:うん。

太田光:クイックジャパンがね、企画としてそういうふうに載っけたんだ、と俺は思うわけ。

爆笑問題・太田、小山田圭吾のいじめ自慢が掲載されたクイックジャパンの記事を読んで記者や小山田圭吾の周囲が「誘発して、小山田がそれに乗った」ように思えたと指摘

田中裕二:うん。

太田光:そこを踏まえないと、この問題は正確な見方ができないんじゃないかなって、俺は思ってる。

田中裕二:うん。

太田光:だから、「(擁護は)無理筋」って言うけど、まぁ俺が言いたかったのは、そういうことなんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:で、小山田圭吾の記事にはね、あの悪質さっていうのはね、「これは太田が言うような時代性ではとても説明できないんだ」と。

田中裕二:うん、うん。

太田光:それを超越してる、と。あれはね、時代なんかとは乖離した別次元の悪なんだ、と言ってたんだけど。

田中裕二:うん。

太田光:俺は、また批判もあるかもしれないけど、俺はそうは思わないんですよ。というのは、あの雑誌があの時代、あの社会に流通したしてた。で、廃刊にもならず未だに続いてるから、あれはあのあの時代に出されて販売されて、本屋に並んで買った人がいて。

田中裕二:うん。

太田光:廃刊にも未だになってないですよね。

田中裕二:うん。

太田光:それはつまり、社会とつながっている、あの記事はね。あの当時の社会と繋がってる。

田中裕二:うん。

太田光:それが決してね、あそこだけ別次元の異空間がポンとあったって、俺にはどうしても思えないんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:あれは社会が受け入れたんだとろうと、俺は思うんですよ。



爆笑問題カーボーイ

本日の人気記事