博多大吉、テレビ番組でVTR中に出てくる「ワイプ」が広まったきっかけは『世界まる見えテレビ特捜部』だったと解説

2019年8月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、テレビ番組でVTR中に出てくる「ワイプ」が広まったきっかけは『世界まる見えテレビ特捜部』だったと解説していた。

博多大吉:テレビ番組のワイプってありますよね。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:画面に、ちょこっと四角いね、小窓みたいなところから、タレントさんの顔が出てるっていうね。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:あれはどうやら、日本だけじゃないかみたいな話で。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:そもそもあれ、昔なかったよなぁ、と。

赤江珠緒:たしかに。

博多大吉:いつ頃からか始まったよね、みたいな話をしました。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:あれから一週間経過してるんですけど。

赤江珠緒:ええ。

博多大吉:赤江さん、もう別にこの会話、忘れてたと思いますけど。

赤江珠緒:ふふ(笑)

博多大吉:やっぱりこういうこと言っちゃうと、モヤモヤする方もいらっしゃると思うので、リスナーさんの中でね。

赤江珠緒:ああ、そうか。

博多大吉:しっかり調べさせていただきました。

赤江珠緒:ありがとうございます。

博多大吉:答え、出ました。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:ワイプの歴史、振り返りたいと思います。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:日本テレビの吉川圭三さんというプロデューサーさんがですね、「テレビの功罪がいろいろ言われる中で、ある意味、これは自分の罪かも」と語ってらっしゃったということで。

赤江珠緒:ええ。

博多大吉:とある番組からこのワイプというものは始まったんですが。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:その番組とは、『世界まる見えテレビ特捜部』。

赤江珠緒:ほう。

博多大吉:今もやってるね、たけしさんと所さんのやつですけども。

赤江珠緒:うん、うん。

博多大吉:あの番組ではですね、ストーリー性のあるVTRを紹介してますよね。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:なので、どうしてもVTRが長くなってしまいます。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:でも、それだと途中から見た人が、「これ、一体何の番組やってるんだ?」と。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:分からないのではないか、と。

赤江珠緒:なるほど。

博多大吉:ということが懸念されてたらしいんですね。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:で、ある時、どうしてもVTRをこれ以上短くできなくて、これが18分あったんですって。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:で、18分はさすがに長過ぎるということで、苦肉の策として、このVTRをスタジオで見ている所さん、たけしさん、そして当時は楠田枝里子さんがやられてましたけど。

赤江珠緒:ええ、ええ。

博多大吉:この方々の顔を、ワイプという形でテレビに載っけた。

赤江珠緒:このお三人さんが出てると、「あ、世界まる見えだ」って分かりますもんね。

博多大吉:これが、テレビ界にワイプが広まる一つのきっかけになっている、ということですね。

赤江珠緒:ああ、そうですか。

博多大吉:本で読んだ、このエピソード。

赤江珠緒:へぇ。

博多大吉:書いてあった、そう言えば。てれびのスキマさんだったかな。

赤江珠緒:ええ、ええ。

博多大吉:なんかあったかな。スッキリしていただけたでしょうか。

赤江珠緒:分かりました。ここ30年、そこそこみたいなわけですね。

博多大吉:ぐらいの。平成に入ってからだと思います。まぁ、それまでも合ったんでしょうけど、『まる見え』は視聴率がいいので、これから広まったのではないか、と。



たまむすび

本日の人気記事