伊集院光、小倉智昭が『とくダネ』でカズレーザーや古市憲寿をコメンテーターとして受け入れていた度量の大きさを称賛「権力にあぐらをかこうと思えばやらなくていい」

2021年6月2日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、小倉智昭が『とくダネ』でカズレーザーや古市憲寿をコメンテーターとして受け入れていた度量の大きさを称賛していた。

伊集院光:俺ね、終盤の小倉さん見てて、「この人すげぇな」とか、「そのこと(MC歴が長くなることにより、わがままに振る舞えてしまうこと)分かってるからこそ、こういう人使うんだな」って思ったのは、カズレーザーとか、古市君とか。

小倉智昭:はい。

伊集院光:実際、イエスマンの逆の人じゃないですか。

小倉智昭:そう、そう。

伊集院光:ノーマンの人じゃないですか。

小倉智昭:ふふ(笑)そう。

伊集院光:何か隙があれば…だって、小倉さんが「こうだよね」って言うと、「ちょっと待ってください、違いますよ」って言うことこそが、彼らの味じゃないですか。

小倉智昭:うん。

伊集院光:それを入れるってことって…「どうぞ入れてください」ってことって、権力にあぐらをかこうと思えば、やらなくていいですよね?

小倉智昭:あのね…キャスティングに関して言えば、相談されることはほとんどなかった。

伊集院光:はい、はい。

小倉智昭:「こういう人が今度来ますけど、問題ありますか?」「別にないよ、大丈夫だよ」っていうことで、受け入れてきたんですよ。

伊集院光:はい。



伊集院光とらじおと

本日の人気記事