神田伯山、星野源と新垣結衣が『逃げ恥』婚で祝福される一方で東出昌大と唐田えりかが『寝ても覚めても』不倫で総バッシングされることに違和感

2021年5月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『問わず語りの神田伯山』(毎週金 21:30-22:00)にて、講談師の神田伯山が、星野源と新垣結衣が『逃げ恥』婚で祝福される一方で東出昌大と唐田えりかが『寝ても覚めても』不倫で総バッシングされることに違和感を感じると語っていた。

神田伯山:星野源さんと新垣結衣さんの結婚とかってさ、凄い俺もめでたいと思うし。で、そこで言われる、多分『逃げるは恥だが役に立つ』っていう、あのドラマがあるわけでしょ?で、あのドラマで、実際にそのドラマの中でお二人がそういう恋愛関係があって結ばれる、みたいになってるから、実際の関係性でもそうなって、おめでとうみたいな感じで、みんな「ワーッ!」ってなってるわけでしょ?

でもさ、これちょっと誤解があるといけないんだけどさ。東出昌大さんと唐田えりかさんもさ、不倫という形と、全然不倫じゃないって形で全然180度違うかもしれないですけど。同じように恋愛を、ドラマの中でそういう恋愛関係だったものが、実際のところにも恋愛したってことにおいては同じでしょ?

不倫と、不倫じゃないってことで、180度違いますよ。まずはここはいいですか?誤解ないように言いますけど。

で、それに対して世間は「プロ意識が低い」みたいなこと言ってたじゃん。「そういうだから、俳優になりきれてないんですかねぇ」とか。

「本当の俳優ってのは、役の中だけで終わんなきゃ。それが俳優でしょ」みたいなことを誰か言ってたよね?だとしたら、星野源さんと新垣結衣さんのプロ意識はどうなの?それ。

…あ、でも結婚だからいいんじゃない?不倫してないからいいんじゃないかな。あれ?ああ、俺が悪いんだ(笑)俺が悪いんだ(笑)だって、二人は好きになってるからいいもんね。ドラマ関係なかったりするかもしれないけどっていうことかな。…このぐらいにしとこうかね、これはね(笑)

最終的には、唐田えりかさんと東出昌大さんの『寝ても覚めても』ってあの映画が、そんなにヒットしなくて、みんなに知られてなかったっていうことがよくなかったんじゃないかな。

結論から言えば。あれを全国民が見てたら、もう国民は感情移入しちゃうから「なって当然だ」みたいになるのかな?でも、不倫だからならないのか。あ、ごめんなさい。俺が悪かったわ。不倫は絶対にいけないってことですよね。

人間ってはみ出しちゃいけない。でも、はみ出しちゃいけない映画とか、二度と作っちゃいけないんですかね、じゃあ。ああ、それは映画だからいいんだ。ごめんなさい、ちょっとね(笑)

まぁ結論から言うと、アリコンさんは重罪人です(笑)それで世の中丸く収まるんだもんね(笑)



問わず語りの神田伯山

本日の人気記事