おぎやはぎ小木、腎癌と宣告された時に矢作へ電話して伝えたと告白「癌の時はありました」

2021年4月17日配信開始のYouTubeチャンネル『さまぁ~ずチャンネル』の動画にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明が、腎癌と宣告された時に相方・矢作兼へ電話して伝えたと告白していた。

三村マサカズ:矢作と、どういう距離感なの?仲良いじゃん。

小木博明:さまぁ~ずのような仲の良さはないですよね。

三村マサカズ:俺らも、直接電話するとかないよ。

小木博明:俺は癌の時はありました。

三村マサカズ:ああ、大事なことだからね。

小木博明:そういう時はありました。

三村マサカズ:癌ぐらい重たいことじゃないと、しないかもしれない。

小木博明:うん、電話。

三村マサカズ:癌か離婚か不倫か(笑)

小木博明:ふふ(笑)言っとかなきゃいけないやつですね(笑)

三村マサカズ:前もって言っておかなきゃいけない。

小木博明:はい、はい。2人でご飯は行かないですけど、誰かいれば全然行けるかなっていう。

三村マサカズ:マネージャー1人いたらいい?

小木博明:もう全然。前は、マネージャーが新人で入ってきた時には、マネージャーとおぎやはぎでご飯、「高級焼き肉ごちそうしてあげる」って行って。



さまぁ~ずチャンネル

本日の人気記事