伊集院光、立川志らくと談春に対して「30年前の生放送で共演した際、やってしまったしくじり」についてずっと謝罪したいと思っていると告白

2021年4月5日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、立川志らくと談春に対して「30年前の生放送で共演した際、やってしまったしくじり」についてずっと謝罪したいと思っていると告白していた。

伊集院光:俺は、志らくさんと談春さんに、そのことを結構謝りたいのね、ずーっと。30年前のニッポン放送の生放送で、彼らは別に暴露しようと思って突っかかってきたんじゃなくて、ちょっとしたイタズラ、ぐらいで仕掛けただけなんです。

伊集院光、落語家を廃業することになったのは自分のせいで「師匠・三遊亭楽太郎が先代の円楽に叱責された」事件が最後のきっかけであると告白

仕掛けたやつに対して、ちょっと返し方としてもあまり良くない返し方だったし、こっちビビってから。「言われちゃう」と思ってビビってるから。

だから、どっかで謝りたいと思ったんだけど、なんかね、俺は強烈に覚えてるけど向こうは覚えてないのか、覚えてるけどいいやってなってるのか分かんないけど、志らくさんも、談春さんもちょっとすれ違うぐらいで、きちんと会ってないからあれだけど。普通に接してくれるみたいな感じ。



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事