神田伯山、伊集院光が『らじおと』スタッフのLINE誤爆事件で深く傷ついていることに疑問「悪口って俺も言うし、言われるしって当然のように思ってるから」

2021年3月12日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『問わず語りの神田伯山』(毎週金 21:30-22:00)にて、講談師の神田伯山が、伊集院光が『伊集院光とらじおと』スタッフのLINE誤爆事件で深く傷ついていることに疑問を呈していた。

伊集院光:ちょっと真面目な話になっちゃうけど、この前の伊集院さんのラジオって、なんか損得とかを度外視して喋りたいっていう、業みたいなのがグッときたなぁっていう。

それで言うと、何だろうなぁ、その損しかないとか、得しかないとかで言うと、なんか最近思うのがさ、悪口とかもさ、別に俺、このラジオで損しかしてない気もするんですよ、どかで。

でも、なんか悪口ってさ、もちろん俺も言うし、言われるしっていうふうに当然のように俺も思ってるから。

だからなんか仲良しの瀧川鯉八っていうね、ちょっと先輩ですけど、その人にも数年前に「兄さーん」っつって。結構仲いいから。「俺の悪口とかって、寄席で言われてんですかね?」って言ったら、普通だったら「ああ、んなの言われてないよ、大丈夫、そんなのあるわけないだろ」とか言うじゃん。

それに対して、鯉八兄さんが言ってたのが、「言われてないわけないよね」っていう。「あ、そうなんだ」っていう。

だから、寄席ってやっぱり面白いのは、10人ぐらい話しててさ、みんな基本トイレ行かないんだよ。なぜかって言うと、トイレ行くとそいつの悪口が始まるから。その誰も怖くて行けないっていう(笑)

でも、そんなの言ったり言われたり、みたいな感じで。だから、なんか俺の中では「別にどうでもいいじゃん」って思ったりもするし。



問わず語りの神田伯山

本日の人気記事