神田伯山、北方謙三が週刊文春・新潮と仕事をしていて「僕は無敵なんだよ」と言っていたと明かす「だから、アンジャッシュ渡部君とか可哀想だね」

2020年7月24日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『問わず語りの神田伯山』(毎週金 21:30-22:00)にて、講談師の神田伯山が、北方謙三が週刊文春・新潮と仕事をしていて「僕は無敵なんだよ」と言っていたと明かしていた。

神田伯山:「僕は無敵なんだよ」っていう話をしてて。「それ、なんですか?」っつったら、今、文春の選考委員をやってて。あと、週刊新潮の連載も何年もやってるから。

「文春砲も新潮砲も食らわない」って言うのよ。自由でいいなぁって。「だから、あの渡部君とかね、可哀想だね」って(笑)まぁ、そうは言ってないけどね(笑)

色んなことをね、素直に言ってくれてたなぁ、はぐらかさずに。素直に方でしたね。細かいことはね、プレイボーイとかYouTube(神田伯山ティービィー)。YouTubeはね、何か動いてる北方先生見れるだけでちょっと面白いと思うんですけど。

ぜひそちらを楽しみにして下さい。



問わず語りの神田伯山

本日の人気記事