ノブコブ吉村、有吉弘行はテレビ出演を学んだ師匠であると語る「吉村、ちゃんと考えないと。それは芸じゃない」

2020年11月28日配信開始となったYouTubeチャンネル『街録ch』の動画にて、お笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇が、有吉弘行はテレビ出演を学んだ師匠であると語っていた。

三谷三四郎:『ロンハー』のなんか、吉村さんvs有吉さんみたいな構図、格付けとかで。

吉村崇:やってましたね。

三谷三四郎:めっちゃ好きでしたけどね。

吉村崇:あれで、教えられたわけですから、有吉さんに。

三谷三四郎:ああ。

吉村崇:ただ無闇やたらに、ゴールも何も考えずにガーガー噛み付いた時に、「吉村、ちゃんと考えないと」って。

三谷三四郎:へぇ。

吉村崇:「それは芸じゃないよ」みたいなことを教えられて。「じゃあ、僕が台本書いてきます」って言って、書いて。結果それはやらなかったんですけど。

三谷三四郎:へぇ。

吉村崇:それからの関係ですね。

三谷三四郎:そうなんですね。だって、「飲み行ってください」って言って、断られるみたいなくだりとかありましたよね、なんか、最初の方とか(笑)

吉村崇:はい。最初は、大枠は極楽とんぼですよね。極楽とんぼって大枠で作られて。当時、カリカのやしろさんって人がいたんですけど、その人に色々なきっかけとかいただいて。

三谷三四郎:ああ。

吉村崇:で、石原さん。テレビは、本当に有吉さんに。

三谷三四郎:ひな壇というか、大勢いる中で。

吉村崇:ひな壇というか、「吉村、お前勢いだけで、調子に乗ってるだけだぞ、それ。しっかり地に足をつけて」みたいなことを。

三谷三四郎:面白っ。

吉村崇:色んな人にお世話になりましたね。



街録ch

本日の人気記事