東野幸治、近藤真彦の不倫をマスコミが一切報道しなかったことを松本人志が『ワイドナショー』で批判したことに「多分、僕だけが喋ってたらオンエアされてなかった」

2020年11月18日配信開始となったYouTube動画『東野幸治の幻ラジオ』第86回にて、お笑い芸人・東野幸治が、近藤真彦の不倫をマスコミが一切報道しなかったことを、松本人志が『ワイドナショー』で批判したことに、「多分、僕だけが喋ってたらオンエアされてなかった」などと発言していた。

東野幸治:いよいよです。これ録音してんの、2020年の11月17日、火曜日ですけれども。いよいよ、芸能界、タレント、既婚者で不倫したらもう、自粛しなければいけない時になってきました。

先週、『ワイドナショー』でずっと、ジャニーズのマッチさんの週刊文春が不倫をしているという記事が出て。一切、どのワイドショーも放送しなくて。スポーツ新聞も一切報道しなくて。

他のちょっと弱めのタレントだったら、「週刊文春によりますと」とか言いながら、逃げ道作って、「こんな風な記事になってます」って言って、それを受けて事務所が、謝罪会見なり、否定するなりしてたけど、一切しなかって。

さすがにちょっと、扱いやすい、弱いタレント、小さい事務所だったら扱って。大きい事務所の大きいタレントだったら扱わないって、あまりにも不公平じゃないかっていう旨を『ワイドナショー』で松本さんもおっしゃってて。

ちょうど僕も、そういうふうに思ってて、それ発言して。オンエアされて。多分、僕だけが喋ってたら、オンエアされてなかったと思うんですけれども。まぁ、松本さんが言って、オンエアして。

世の中が、ネットは最初から、文春砲が出た段階で、「マッチ不倫」とか「愚か者」とか、「けじめなさいよ」とか、そういう風に炎上して、踊っておりました。



東野幸治の幻ラジオ

本日の人気記事