東野幸治、ラランド・サーヤと共演することになり興味津々で臨むも意外にも相方・ニシダのエピソードが衝撃的だったと明かす「とんでもない過保護モンスター」

2020年10月21日配信開始となったYouTube動画『東野幸治の幻ラジオ』第78回にて、お笑い芸人・東野幸治が、ラランド・サーヤと共演することになり興味津々で臨むも意外にも相方・ニシダのエピソードが衝撃的だったと明かしていた。

東野幸治:前々回かな、前回かな、喋ったラランド。言ってる間に、『マルコポロリ』で大阪で共演しまして。

東野幸治、ラランド・サーヤが『アメトーーク』でガンバレルーヤを批判していた様子を見て「うわ、怖っ。会いたくないなぁ」と思ったと告白

いや、まさかすぐ共演するとは全く思ってなかったんですけれども。サーヤさんにお会いして、色んなお話聞けて。

事務所に所属せず、お笑い芸人活動して、去年M-1準決勝まで行って、男女コンビね。サーヤさんって、女性の方がネタ書いてる。女芸人はブス扱いとか、なんかを男前の俳優に告白して振られるみたいな、そんなステレオタイプのイジリ方がもう古い。

「もう今はそんな時代じゃない」っていうことを言ってて。「面白そうやな、会いたいなぁ。会いたくないなぁ、会いたいな」とか言ってたんですけど、会ったんですよ。

で、ネタも考えてるサーヤ。代理店の仕事もしてて、二足のわらじでってマスコミとかネットニュースでも最近取り上げられてて。お会いしたら、まさかまさか。サーヤさんのお話は、なるほどの連続ですけど、相方の半ズボン穿いたニシダっていう。とんでもない過保護モンスター。

ビックリしました。こんなコンビだったんだなって。それもネットニュースになって、いやどうなのかなって思ったんですけど。

とにかくニシダ君は大学時代のお笑いサークルで、サーヤさんと会って、コンビ組んで。その間に大学2回辞めて。で、芸人やってるけど、元々、家はお金持ちで。お父さんは大企業の重役クラスとか言ってましたね。

で、お母さんも多分育ちが良くて。子供二人でニシダと妹がいてるんかな。帰国子女、海外で暮らしてて。そんな息子がお笑いやって、芸人やって。親からもう勘当同然のような感じになってるって話で。

とにかく遅刻するんですって。遅刻しても全然謝らへんし、デタラメな性格なんですって。遅刻して謝らないのは、「謝ったら自分が悪いことになるから」っていう、訳の分からん理論で謝らなくて。



東野幸治の幻ラジオ

本日の人気記事