麒麟・川島、『IPPONグランプリ』で他の出場者が回答している最中も連打を続けていることに「人間の怖さ」を感じると告白「ボタンに人間が出る」

2020年10月16日配信開始となったYouTubeチャンネル『Jookey』の動画『酒と話と徳井と芸人』にて、お笑いコンビ・麒麟の川島明が、フジテレビ系の番組『IPPONグランプリ』で他の出場者が回答している最中も連打を続けていることに「人間の怖さ」を感じると告白していた。

徳井健太:IPPONグランプリって、いいですよね、なんか。みんな少年ですもんね。

川島明:少年。ほんで、やっぱ賛否両論あるけど、早押しシステム。

徳井健太:うん。

川島明:あれがやっぱ人間が出るやん。

徳井健太:ああ。

川島明:俺もそうやけど、誰かがなんかいらんこと言うて、スベって笑ってる時も、普通のバラエティやったら手叩いて「ハーッ」ってやるけど、その時もずっと笑いながら連打して。

徳井健太:はっはっはっ(笑)

川島明:あんな人間怖いことある?

徳井健太:ふふ(笑)いや、でも…

川島明:怖いわぁ。あの空間はやっぱ痺れるな。

徳井健太:うん。

川島明:大喜利の全てがそことは思わへんけど。

徳井健太:うん。

川島明:ダイナマイト関西も面白いし。

徳井健太:うん。

川島明:IPPONグランプリの競技もオモロイけど、ボタンに人間が出るというか。

徳井健太:うん。

川島明:人が答えてる、人がトークしてる時は絶対聞くやん。

徳井健太:そうですね。

川島明:聞いて、聞いて、かぶせるとか。もっとオモロイこと言うとか、ツッコむとかやったらエエけど、人がボケてる最中もずっと連打してるっていう。

徳井健太:うん。

川島明:あんなルール違反、アカンから、ホンマは。



酒と話と徳井と芸人

本日の人気記事