オードリー若林、アンガールズ田中は芸歴としても「人間としても」後輩であると発言

2020年9月26日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、アンガールズ・田中卓志は芸歴としても、「人間としても」後輩であると発言していた。

若林正恭:今日、この後3時からアンガールズさんがオールナイトニッポン0をやんのよ。

春日俊彰:そうね、生でね。

若林正恭:そうだよね。後輩って形になるから。

春日俊彰:完全にね。頑張って欲しいなって思うよね。

若林正恭:これを表にしちゃうと、難しく感じさせちゃったら申し訳ないんだけど。

春日俊彰:うん。

若林正恭:山根さんのことは、心の底から先輩だって思っちゃってるのね、俺、なんか。

春日俊彰:分かる、分かる。

若林正恭:人間の格としてっていうか。

春日俊彰:うん。

若林正恭:タナとはやっぱり違う。「山根さん」って感じがするから。

春日俊彰:タナみたいにバタバタしてないもんね。

若林正恭:うん。

春日俊彰:体型は似てるけど、2人とも。山根さんの方がどっしりしてるっていうか。

若林正恭:うん、うん。

春日俊彰:その感じはあるよね。

若林正恭:もちろん、テレビ出るの全然、アンガールズさんが早いからさ。俺たちも先輩なのかどうなのかっていう感じでさ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:先輩だと思ってた時もあるんだけど、細かく聞いてみるとってことだったから。

春日俊彰:そうね。

若林正恭:田中さんと「後輩だろ」って絡むことはやってきてんだけど。

春日俊彰:うん。

若林正恭:山根さんがいると、ちょっとできなくなるんだよね、それがね。「山根さんは先輩だから」って言うのはおかしいじゃない。かと言って、山根さんにその絡みできないから、先輩だと思ってるから。

春日俊彰:たしかに。2人揃って「後輩だろ」って言い切れないね、こっちはね。

若林正恭:言い切れない。山根さんにそんなこと言わせたくない。「そこはいいでしょ」って、言わせたくない。

春日俊彰:うん。

若林正恭:となると、どうすればいいのかなってさっき思ったんだよね(笑)

春日俊彰:山根さんはいい、と。

若林正恭:山根さんに聞いてみようか、「どっちの方がいいですか?」って(笑)

春日俊彰:そう、タナみたいに…

若林正恭:タナほら、後輩だからさ。人間として後輩だから。

春日俊彰:うん。全てにおいてこっちの方が先輩だろって、フルで言えるっていうのがあるから。

若林正恭:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:タナはね。でも、山根さんはちょっと自分の中でも体(てい)になっちゃうっていうかさ(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)そうだよね、絶対に呼び捨てできないもん、山根さんのこと。

春日俊彰:うん、できない、できない。



オードリーのANN

本日の人気記事