東野幸治、『ごっつええ感じ』のコントは「ほぼ松本人志」が考えていて放課後電磁波クラブも松本のアイデアであったと明かす「松本さんが考えるのが一番面白い」

2020年9月19日配信開始となったYouTubeチャンネル『街録ch』の動画にて、お笑い芸人・東野幸治が、フジテレビ系で放送されていた番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』のコントは「ほぼ松本人志」が考えていて放課後電磁波クラブも松本のアイデアであったと明かしていた。

三谷三四郎:『ごっつ』は毎週、コント何本やるんですか?4~5本ですか。

東野幸治:でも、あれ全部松本さんが考えるから。

三谷三四郎:それって、どういう会議なんですか?

東野幸治:いや、松本さんが「こんなんしよう、あんなんしよう」って。

三谷三四郎:みんないるんですか?そこに。参加するんですか?

東野幸治:うん、スタッフさんとか、俺らもいたけど。

三谷三四郎:『ごっつ』メンバーとスタッフの会議があるんですか。

東野幸治:ほぼほぼ松本さん。まぁ、浜田さんのコーナーは浜田さんのスタッフ。で、松本さんが出るコントは、松本さんとスタッフと我々で。でも、松本さんがコント考えるのを、口伝えでやるから、我々いてるっていう。

三谷三四郎:あ、じゃあアイデアを求められることとかはないんですか?

東野幸治:いや、あるけど松本さんが考えるのが一番面白いし。

三谷三四郎:へぇ。

東野幸治:それでやって、コントができていく。

三谷三四郎:放課後電磁波クラブとかは?

東野幸治:あれは二人でなんかやるって時に、松本さんがポロっとなんとなく言うたんかな。「こんなんがエエんちゃうの?」って。

三谷三四郎:ああ。

東野幸治:キワキワの格好して。で、スタッフさんが考えた設定みたいなんに、現場で多少変えてコーナーにするっていう感じちゃうかな。

三谷三四郎:ああ。アイデアは、ポンポン出てくるんですか?その場で、湯水の如くというか。

東野幸治:ああ、それは分からん。人様の頭の中やからなぁ。

三谷三四郎:ああ。

東野幸治:でも毎週、毎週、2曜日、拘束してやってましたから。企画やる、コントやるみたいな。



街録ch

本日の人気記事