東野幸治、『ダウンタウンのごっつええ感じ』は自分にとって「青春お笑い学校みたいなところ」だと語る「終わって、色んな番組に行き出して」

2020年9月19日配信開始となったYouTubeチャンネル『街録ch』の動画にて、お笑い芸人・東野幸治が、フジテレビ系で放送されていた番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』は自分にとって「青春お笑い学校みたいなところ」だと語っていた。

三谷三四郎:『ごっつ』っていうのは楽しいんですか?それともお笑いのストイックさで苦しさとかあったりするんですか?

東野幸治:青春お笑い学校みたいなところやねん。

三谷三四郎:はぁ。

東野幸治:『ごっつええ感じ』終わって、色んな番組に行き出して。タレント活動をしていくっていう感じやから。

三谷三四郎:うん。

東野幸治:『ごっつええ感じ』はだから、今思えば、「青春お笑い学校」よ。

三谷三四郎:へぇ。先輩がいて、みたいな?

東野幸治:そう、そう。で、ダウンタウンさん凄いな、今田さん面白いなぁ、とか。130Rさん面白いなぁ、とか。

三谷三四郎:へぇ。で、終わってくじゃないですか、『ごっつ』が。でも、『ごっつ』終わってからもずっと売れてるじゃないですか。

東野幸治:いや、そんなことないよ。次、『いいとも』やりだして。何年か『いいとも』やってたのよ。

三谷三四郎:はい。

東野幸治:で、『いいとも』の後、『行列』かな。代表的な番組みたいなんで言うと。

三谷三四郎:ずっと売れてるじゃないですか。

東野幸治:それは事務所が大きいんちゃう?吉本興業、色々やってくれたりもするやろうし。

三谷三四郎:へぇ。

東野幸治:あとは人との巡り会わせみたいな、タイミングとかもあるし。



街録ch

本日の人気記事