千原ジュニア、カジサックの語る「YouTubeで視聴者が登録するかどうか」の差を分けるものの違いに驚く「遊びでやっていると…」

2020年6月29日配信開始となったYouTube上の「カジサック」チャンネル動画の芸人トーク企画で、お笑い芸人・千原ジュニアが、カジサックの語る「YouTubeで視聴者が登録するかどうか」の差を分けるものの違いに驚いていた。

千原ジュニア:職場と捉えるか、遊び場と捉えるか。遊び場と捉えた場合のYouTubeはエエよな。

カジサック:いいです。そう捉えられたらいいんですけど。遊び場って捉えてしまうと、視聴者さんがそう捉えてしまうと、伸びづらくなってしまうっていうのが僕の思いですね。

千原ジュニア:え?なんで?

カジサック:これ、リアルな話なんですけど、めちゃくちゃシビアなんですよ、YouTubeの視聴者さんって。

千原ジュニア:うん。

カジサック:テレビの視聴者さんの倍以上、厳しい目で見られるというか。

千原ジュニア:うん。

カジサック:「遊びでやってんねんや」っていう人の方が多いんです。

千原ジュニア:ほう、ほう。

カジサック:それでも35万人の方々は、遊びでやってるのを分かってて、それを楽しんでいただいてるってことだと思うんですけど。

千原ジュニア:うん、うん。

カジサック:それ以外の人たちは、ホンマは一歩踏み出したいのに…一歩っていうのは登録ですね。

千原ジュニア:ほう。

カジサック:登録したいのに、「遊びでやってんねんや」ってなってるっていうか。

千原ジュニア:うん。

カジサック:そこでもし4人が「本気でやってまんねん、YouTubeでこれなんとかすんで!」って言ってたら、多分登録するんですよ。

千原ジュニア:ああ。

カジサック:「遊びなんや…」ってなるのが、YouTubeの視聴者やったりするんです。

千原ジュニア:バラエティって、真剣やで、真剣やけど、「遊びです」って。それ、いかに真剣を出さないかやん。

カジサック:そうですね(笑)

千原ジュニア:「遊んでテキトーにやってますねん」って。テキトーにやるために、めちゃめちゃ真剣やん、ホンマのこと言うと。

カジサック:はい。

千原ジュニア:でも、それを言わずにやるのが芸人やん。

カジサック:そうですね(笑)

千原ジュニア:それはもうアカンねや、古いんや。

カジサック:それはもう、古いっす(笑)テレビと全然違いますよね、それで言うと。



カジサック

本日の人気記事