伊集院光、吉本興業・岡本昭彦社長の会見は松本人志の仲裁のための尽力を「ゼロ、もしくはマイナス」にするものだったと批判

2019年7月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、吉本興業・岡本昭彦社長の会見は松本人志の仲裁のための尽力を「ゼロ、もしくはマイナス」にするものだったと批判していた。

伊集院光:昨日、あまりにあの会見が長すぎてさ、ニュースがほとんど吉本興業の岡本社長の記者会見。5時間やってたんでしょ。

竹内香苗:そうですね、5時間半近くやってましたね。

伊集院光:選挙終わって、すぐの夕方のガチガチのニュース番組で、報道番組で、ほぼそれに塗り替えられていく感じって…安倍首相も色んなことを言っている。ある意味、裏で安倍首相の会見があって。「そっち」っていう世の中はおかしいと思って。

竹内香苗:はい。

伊集院光:で、聴いてる方の中でもうんざりって人もいると思うんだけど、俺はニュースとして大事なところはあります。だから、みんなもう「うんざりですよ」っていうのは、それはそれで違うと思って。

竹内香苗:はい。

伊集院光:もっと言えば、あのクソつまんない記者会見。何の意味もなさない記者会見で、もしだよ。あれだけの大きい会社の社長になる人が、みんなを「もういいよ」って言わせるためにやってるなら天才。

竹内香苗:うん。

伊集院光:あの会見を見て思うことは、事件が発覚した直後は、宮迫君をはじめ、タレントが、芸人がまぁみんな「なんだ」って非難轟々になったのが、ちょっとこの局面、しかもあの会見ってとどめを持って、「吉本ヒドイ、芸人悪くない」にかなり傾いてるのね。狙ってたらどうする?

竹内香苗:ん?

伊集院光:超天才。

竹内香苗:たしかに。

伊集院光:で、最終的なオチとして…会見自体はグダグダで、聴きたいことの答えで、説得力があると感じたものはほぼゼロです。で、世の中の日に油を注いだ感じなんです。

竹内香苗:うん。

伊集院光:で、真ん中に入った松本人志さんが恐らく、「ぜひ早く、会社側も会見して欲しい」って頑張った意味はゼロ、もしくはマイナスなんです。

竹内香苗:うん。

伊集院光:でも、この後、今週中に、元々ダウンタウンのマネージャーをやってたというこの岡本社長や、その上の会長が人間大砲で飛んだら(笑)

竹内香苗:うん(笑)

伊集院光:急に芸人軍団に拉致られて、素っ裸で人間大砲で飛ぶところまでのセッティングだとしたら、それは吉本興業っていう会社は天才(笑)

竹内香苗:たしかに(笑)



伊集院光とらじおと

本日の人気記事