カンニング竹山、松本人志が『探偵ナイトスクープ』新局長就任と発表があるまで自分が局長になるのではと実は「ドキドキしていた」と告白

2019年10月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、ダウンタウン・松本人志が『探偵ナイトスクープ』新局長就任と発表があるまで、自分が局長になるのではと実は「ドキドキしていた」と告白していた。

カンニング竹山:ネット見たらさ、松本人志新局長に決まるまで、誰だ誰だってなってたのよ。

赤江珠緒:だって私の中で、「竹山さんじゃないの?」って思ってたから(笑)

カンニング竹山:いやだからね、赤江さん。ネットであったわけ。

赤江珠緒:ふふ(笑)あったの?(笑)

カンニング竹山:要は、笑点で言うと、昇太師匠がプレイヤーから司会になったわけ。

赤江珠緒:ああ、そうですよね。

カンニング竹山:そのパターンで、ネット見ると「竹山じゃないか」って。

赤江珠緒:うん、うん(笑)

カンニング竹山:なんでかって言ったら、この間、スペシャルとかやった時に、俺、西田さんと岡部さんと俺が座って、俺が回してたのよ。

赤江珠緒:うん、うん。

カンニング竹山:それがあるから、新局長は竹山になるんじゃないか、と。

赤江珠緒:ああ、そうですよ。

カンニング竹山:で、ネットで見たもんだから。俺のところに話来てないけど、ナイトスクープは俺らに教えてくれないから、いつも。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:ドキドキして。

赤江珠緒:ふふ(笑)

カンニング竹山:これもしかしたら、本当に俺じゃないかって。

赤江珠緒:ああ、超サプライズがあるかもしれないって?

カンニング竹山:そう、直前に言われんじゃないか、と。「でも、ロケに行かないのか、俺は。ロケ行かないんだったら、違うな、俺は」って。

赤江珠緒:うん、うん。

カンニング竹山:「でも、どうしよう、俺だったら」とか、ちょっとは考えた(笑)

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)



たまむすび

本日の人気記事